PHP 5.4.36 Released

キー/証明書パラメータ

OpenSSL 関数のうち、キーまたは証明書パラメータを必要とするものはごく一部です。 PHP 4.0.5 以前は、openssl_get_xxx() 関数により返されたキーまたは証明書リソースを使用する必要がありました。 これより後のバージョンでは、次の方法のどれかを使用することが可能となる予定です。

  • 証明書

    1. openssl_x509_read() から返された X.509 リソース。
    2. file://path/to/cert.pem 形式の文字列。 このファイルは、PEM エンコードされた証明書である必要があります。
    3. PEM エンコードされた証明書の内容を含む文字列。

  • 公開鍵/秘密鍵

    1. openssl_get_publickey() あるいは openssl_get_privatekey() から返された キーリソース。
    2. 公開鍵のみ: X.509リソース。
    3. file://path/to/file.pem 形式の文字列。- このファイルは、PEM エンコードされた証明書/秘密鍵である 必要があります(両方を含むことも可能です)。
    4. PEM エンコードされた証明書/キーの内容を含む文字列
    5. 秘密鍵については array($key, $passphrase) という構文を使用することも可能です。 ただし、$key は file:// または上記のテキスト表現形式を使用して指定したキー、 $passphrase はその秘密鍵に関するパスワードを有する文字列を表します。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top