ConFoo: Call for paper is now Open

SimpleXMLElement::getDocNamespaces

(PHP 5 >= 5.1.2)

SimpleXMLElement::getDocNamespaces ドキュメントで宣言されている名前空間を返す

説明

public array SimpleXMLElement::getDocNamespaces ([ bool $recursive = false [, bool $from_root = true ]] )

ドキュメントで宣言されている名前空間を返します。

パラメータ

recursive

指定されている場合は、親ノードおよび子ノードで宣言されている全ての名前空間を返します。 されていない場合は、ルートノードで宣言されている名前空間のみを返します。

from_root

XML 文書のルートノードからでなく、子ノードの配下の名前空間を再帰的にチェックできるようにします。

返り値

getDocNamespaces メソッドは、 名前空間名および関連付けられた URI を配列で返します。

例1 ドキュメントの名前空間の取得

<?php

$xml 
= <<<XML
<?xml version="1.0" standalone="yes"?>
<people xmlns:p="http://example.org/ns">
    <p:person id="1">John Doe</p:person>
    <p:person id="2">Susie Q. Public</p:person>
</people>
XML;
 
$sxe = new SimpleXMLElement($xml);

$namespaces $sxe->getDocNamespaces();
var_dump($namespaces);

?>

上の例の出力は以下となります。

array(1) {
   ["p"]=>
   string(21) "http://example.org/ns"
}

例2 複数の名前空間での動作

<?php

$xml 
= <<<XML
<?xml version="1.0" standalone="yes"?>
<people xmlns:p="http://example.org/ns" xmlns:t="http://example.org/test">
    <p:person t:id="1">John Doe</p:person>
    <p:person t:id="2" a:addr="123 Street" xmlns:a="http://example.org/addr">
        Susie Q. Public
    </p:person>
</people>
XML;
 
$sxe = new SimpleXMLElement($xml);

$namespaces $sxe->getDocNamespaces(TRUE);
var_dump($namespaces);

?>

上の例の出力は以下となります。

array(3) {
  ["p"]=>
  string(21) "http://example.org/ns"
  ["t"]=>
  string(23) "http://example.org/test"
  ["a"]=>
  string(23) "http://example.org/addr"
}

変更履歴

バージョン 説明
5.4.0 from_root パラメータが追加されました。

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top