実用的な例

次に、より実用的なことをしてみましょう。 ページを見ているユーザーが使用しているブラウザの種類を確認してみます。 これを行なうには、ブラウザが HTTP リクエストの一部として送信した user agent 文字列を調べます。 この情報は、変数 に保存されています。PHP では、変数名は常にドル記号で始まります。 ここで使用する変数は、$_SERVER['HTTP_USER_AGENT'] です。

注意:

$_SERVER は、 Web サーバー関連情報を全て保持する PHP の特別な予約変数です。詳細は、 スーパーグローバル を参照してください。 これらの特別な変数は、» 4.1.0 で導入されました。これ以前は、 $HTTP_SERVER_VARS のような古い配列 $HTTP_*_VARS を代わりに使用していました。 古いとはいえ、これらの変数はまだ存在しています (古いコードに関する注記も 参照してください)。

この変数を表示するには、以下のようにします。

例1 変数を出力する (配列要素)

<?php
echo $_SERVER['HTTP_USER_AGENT'];
?>

このスクリプトの出力例は以下のようになります。


Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)

PHP で利用可能な変数の には多くの種類があります。上の例では、 配列 の要素を出力しています。配列は、非常に有用です。

$_SERVER は、PHP で自動的に利用可能な変数のひとつに過ぎません。マニュアルの 定義済の変数 のセクションでリストを参照することができます。 あるいは、完全なリストを取得するには、さきほどのセクションで使用した phpinfo() 関数の出力を確認します。

PHP タグの中に複数の PHP 命令を置くことができ、echo 文以上のことを行なうコードブロックを作成することができます。 例えば、インターネット・エクスプローラかどうかを調べたい場合は、 以下のようにします。

例2 制御構造 および 関数の使用例

<?php
if (strpos($_SERVER['HTTP_USER_AGENT'], 'MSIE') !== false) {
  echo 
'あなたはInternet Explorerを使用しています<br />';
}
?>

このスクリプトの出力例は以下のようになります。

あなたはInternet Explorerを使用しています<br />

ここで、新しい概念をいくつか導入します。 if 文を使用しています。 C 言語の基本構文を知っているとしたら、理解できると思います。 C 言語や上記の構文を使用する他の言語をあまり知らない場合には、 PHP の入門書を手にとって最初の数章を読むか、このマニュアルの 言語リファレンスの部分を読むべきです。

二番目の新しい概念は、strpos() 関数のコールです。 strpos() は PHP に組み込まれた関数で、 文字列の中である文字列を探します。この場合、 $_SERVER['HTTP_USER_AGENT'] (いわゆる干し草の山 【haystack】) の中で "MSIE" (いわゆる針【needle】) を探しています。 この文字列が見つかった場合、 この関数はこの関数は文字列の相対的な位置を返し、 見つからなかった場合には FALSE を返します。 この関数が FALSE を返さなければ、 if 文は TRUE と評価し、その{波括弧}の中のコードが実行されます。 そうでない場合は、実行されません。 if, elsestrtoupper()strlen() のような他の関数で、似たような例を作ってみてください。 関連するマニュアルの各ページにも例が載っています。 関数の使用法に自信がない場合には、マニュアルの 関数定義の読み方および PHP関数のセクションの両方を 読んでみると良いでしょう。

この例を少し発展させて、PHP ブロックの中からでも PHP モードから出たり入ったりすることができることを以下に示します。

例3 HTML および PHP モードの両方を混在させる

<?php
if (strpos($_SERVER['HTTP_USER_AGENT'], 'MSIE') !== false) {
?>
<h3>strposが非falseを返しました</h3>
<center><b>あなたはInternet Explorerを使用しています</b></center>
<?php
} else {
?>
<h3>strposがfalseを返しました</h3>
<center><b>あなたはInternet Explorerを使用していません</b></center>
<?php
}
?>

この例の出力は以下のようになります。

<h3>strposが非falseを返しました</h3>
<center><b>あなたはInternet Explorerを使用しています</b></center>

何かを出力する際に PHP の echo 文を使用する代わりに、PHP モードを抜けて通常の HTML を送信しています。ここで注意すべき重要で強力な点は、 スクリプトの論理フローが損なわれないということです。 strpos()TRUE または FALSE のどちらを返すか、言い換えるとMSIE が見つかったかどうかに基づき、HTML ブロックだけが見る側に送信されることになります。

add a note add a note

User Contributed Notes 2 notes

up
16
Declan Kelly
7 months ago
Please note that Internet Explorer 11 no longer contains MSIE in its user agent string, for example on Windows 8 with IE11 I get the following:

Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko

So if you want to include a test for IE11, the code above changes to:

<?php
if (strpos($_SERVER['HTTP_USER_AGENT'], 'MSIE') !== FALSE ||
   
strpos($_SERVER['HTTP_USER_AGENT'], 'Trident') !== FALSE) {
    echo
'You are using Internet Explorer.<br />';
}
?>
up
14
rfantin at coralwood dot com
8 years ago
While it's easy to get carried away mixing your logic and presentation together since it's so easy to do, you're better off using PHP within HTML only to fill in values, or include other source files.

Keep your actual processing in separate libraries that are called before you send any headers to the page. Try to avoid calling a script that retrieves or sets information, or manipulates it in the middle of your HTML. You'll find it's much easier to maintain.
To Top