PHP 5.4.33 Released

実行時設定

php.ini の設定により動作が変化します。

expect 拡張モジュールを設定するために、 設定ファイル php.ini に 設定項目が用意されています。

Expect 設定オプション
名前 デフォルト 変更可能 変更履歴
expect.timeout "10" PHP_INI_ALL  
expect.loguser "1" PHP_INI_ALL  
expect.logfile "" PHP_INI_ALL  
expect.match_max "" PHP_INI_ALL  
PHP_INI_* モードの詳細および定義については どこで設定を行うのか を参照してください。

以下に設定ディレクティブに関する 簡単な説明を示します。

expect.timeout integer

データを待ち受ける際のタイムアウト時間です。 expect_expectl() 関数で使用されます。

"-1" を指定すると、タイムアウトを発生させないようにします。

注意:

"0" を指定すると、expect_expectl() 関数は 結果を直ちに返します。

expect.loguser boolean

expect が、子プロセスの出力を標準出力に送るかどうかを指定します。 典型的な対話型プログラムは入力した内容を表示するので、これを使用すれば 対話の両方の側を表示することができます。

expect.logfile string

子プロセスの出力内容が書き込まれるファイルの名前。もしファイルが 存在しない場合は新しく作成されます。

注意:

この設置が空欄でなかった場合、 expect.loguser の設定内容に かかわらず出力が書き込まれます。

expect.match_max integer

パターン内のアスタリスクとのマッチに使うバッファのデフォルトサイズ (2000 バイト) を変更します。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top