PHP 5.4.36 Released

iconv_mime_encode

(PHP 5)

iconv_mime_encodeMIME ヘッダフィールドを作成する

説明

string iconv_mime_encode ( string $field_name , string $field_value [, array $preferences = NULL ] )

有効な MIME ヘッダフィールドを作成し、返します。 これは以下のような形式になります。

Subject: =?ISO-8859-1?Q?Pr=FCfung_f=FCr?= Entwerfen von einer MIME kopfzeile
上の例では "Subject" がフィールド名、"=?ISO-8859-1?..." で始まる部分が フィールドの値となります。

パラメータ

field_name

フィールド名。

field_value

フィールドの値。

preferences

iconv_mime_encode() の振る舞いを変更するには、 ここで設定項目を含む連想配列を指定します。 iconv_mime_encode() でサポートされている項目は 以下のとおりです。項目名の大文字・小文字は区別されることに注意してください。

iconv_mime_encode() でサポートされる設定項目
項目 説明 デフォルト値
scheme string フィールドの値のエンコード方法を指定します。"B" か "Q" の どちらかを指定することになるでしょう。"B" は base64 エンコードを、また "Q" は quoted-printable エンコードを表します。 B B
input-charset string 第 1 パラメータ field_name と第 2 パラメータ field_value の文字セットを指定します。 指定されなかった場合は、iconv_mime_encode() は ini 設定 iconv.internal_encoding であると仮定します。 iconv.internal_encoding ISO-8859-1
output-charset string MIME ヘッダを作成する文字セットを指定します。 iconv.internal_encoding UTF-8
line-length integer ヘッダ行の長さの最大値を指定します。もし結果がこの値より 長くなった場合は、 » RFC2822 - Internet Message Format に基づいてヘッダを "折りたたんで" 複数行に分割します。 指定されなかった場合は、長さは 76 文字に限定されます。 76 996
line-break-chars string 長いヘッダフィールドに対して "折りたたみ" 処理が行われる場合に 個々の行の後ろに付加される文字列を指定します。 指定されなかった場合は、"\r\n" (CR LF)が用いられます。 このパラメータは、input-charset の値にかかわらず 常に ASCII 文字列として扱われることに注意してください。 \r\n \n

返り値

成功した場合はエンコードした MIME フィールド、 エンコード時にエラーが発生した場合は FALSE を返します。

例1 iconv_mime_encode() の例:

<?php
$preferences 
= array(
    
"input-charset" => "ISO-8859-1",
    
"output-charset" => "UTF-8",
    
"line-length" => 76,
    
"line-break-chars" => "\n"
);
$preferences["scheme"] = "Q";
// この結果は "Subject: =?UTF-8?Q?Pr=C3=BCfung=20Pr=C3=BCfung?=" となります。
echo iconv_mime_encode("Subject""Prüfung Prüfung"$preferences);

$preferences["scheme"] = "B";
// この結果は "Subject: =?UTF-8?B?UHLDvGZ1bmcgUHLDvGZ1bmc=?=" となります。
echo iconv_mime_encode("Subject""Prüfung Prüfung"$preferences);
?>

参考

add a note add a note

User Contributed Notes 2 notes

up
0
cedric at gn dot apc dot org
2 years ago
iconv_mime_encode() isn't directly suitable for encoding headers which include "specials" as described in RFC 1522 s4 & s5, for example
<?php
$mimeprefs
= array ("scheme" => "Q",
                   
"input-charset" => "utf-8",
                   
"output-charset" => "utf-8",
                   
"line-break-chars" => "\n");
$enc = iconv_mime_encode('From''"Réal Namé" <user@example.com>', $prefs);
?>
will wrongly attempt to encode the angle brackets.  To use the function in place of mb_encode_mimeheader(), instead you need to encode the words separately, removing the superfluous field name:

<?php
$encoded
= "From: \"". preg_replace('/^:\s+/', '', iconv_mime_encode("", $real, $mimeprefs))."\" <$email>";
?>

Also, values of "line-length" greater than 76 would be illegal under RFC 1522 and resulting encoded words may not be recognised.  (Not tested, but 72 would be safer.)
up
0
markus AT birth MINUS online DOT de
4 years ago
Looks like this function suffers from the same bug as mb_encode_mime() with long strings of non us-ascii characters. The function then returns false. This applies for utf-8 to utf-8 "conversion".

<?php
$subject
= 'Вы находитесь здесь: Главная > продукт';

$prefs = array(
   
'scheme' => 'Q',
   
'input-charset' => 'UTF-8',
   
'output-charset' => 'UTF-8',
   
'line-length' => 76,
   
'line-break-chars' => "\r\n",
);

echo
'Original: ' . $subject . PHP_EOL;
$enc = iconv_mime_encode( 'Subject', $subject, $prefs );
var_dump( $enc );  // will show bool(false)
?>

As a workaround, you could explode() the value on spaces and encode each word separately. Then remove the "Subject: " in front of the resulting strings and join() them with "\r\n " (don't forget the SPACE after the \n) as separator.
To Top