PHP 5.4.36 Released

ldap_parse_result

(PHP 4 >= 4.0.5, PHP 5)

ldap_parse_result結果から情報を展開する

説明

bool ldap_parse_result ( resource $link , resource $result , int &$errcode [, string &$matcheddn [, string &$errmsg [, array &$referrals ]]] )

LDAP の検索結果をパースします。

パラメータ

link

ldap_connect() が返す LDAP リンク ID。

result_identifier

ldap_list() あるいは ldap_search() が返す LDAP 結果リソース。

errcode

結果に含まれる LDAP エラーコードを格納する変数への参照。 エラーが発生しなかった場合は、この変数に 0 を格納します。

matcheddn

リクエスト内にマッチする DN があった場合に、それを格納する変数への参照。 なかった場合は、この変数に NULL を格納します。

errmsg

結果に含まれる LDAP エラーメッセージを格納する変数への参照。 エラーが発生しなかった場合は、この変数に空文字列を格納します。

referrals

結果に含まれるすべての照会文字列の配列を格納する変数への参照。 存在しない場合は、この変数に空の配列を格納します。

返り値

成功した場合に TRUE を、失敗した場合に FALSE を返します。

例1 ldap_parse_result() の例

<?php
$result 
ldap_search($link"cn=userref,dc=my-domain,dc=com""(cn=user*)");
$errcode $dn $errmsg $refs =  null;
if (
ldap_parse_result($link$result$errcode$dn$errmsg$refs)) {
    
// $errcode や $dn、$errmsg、$refs を使って何かをします。
}
?>

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top