PHP 5.6.0 released

openssl_csr_sign

(PHP 4 >= 4.2.0, PHP 5)

openssl_csr_sign他の CERT(あるいは自分自身)で証明書をサインする

説明

resource openssl_csr_sign ( mixed $csr , mixed $cacert , mixed $priv_key , int $days [, array $configargs [, int $serial = 0 ]] )

openssl_csr_sign() は、 指定した CSR を用いて x509 証明書リソースを作成します。

注意: この関数を正しく動作させるには、正しい形式の openssl.cnf をインストールしておく必要があります。 詳細な情報は、インストールについてのセクション を参照ください。

パラメータ

csr

openssl_csr_new() で作成した CSR。 file://path/to/csr 、あるいは openssl_csr_export() で生成した文字列で指定した場合は PEM エンコードされた CSR も使用可能です。

cacert

作成された証明書は cacert で署名されます。 cacertNULL の場合は、自己署名の証明書となります。

priv_key

priv_keycacert に対応する秘密鍵です。

days

days は、作成された証明書の有効期限を日数で指定します。

configargs

configargs で証明書の詳細設定が可能です。 configargs についての詳細な情報は openssl_csr_new() を参照ください。

serial

発行される証明書のシリアル番号を、オプションで指定します。 省略した場合のデフォルトは 0 です。

返り値

成功した場合に x509 証明書リソース、失敗した場合に FALSE を返します。

例1 openssl_csr_sign() の例 - CSR に署名する(あなた自身の CA を作成する)

<?php
// このスクリプトでは、前のページのテキストエリアから受け取った
// CSR を利用すると仮定します。
$csrdata $_POST["CSR"];

// これから、私たち自身 "certificate authority" 証明書を使用して
// 署名を行います。どんな証明書でも署名は可能ですが、署名された
// 証明書がソフトウェアやユーザーに信頼されない限り、その手続きは
// 無意味です。

// CA cert および秘密鍵が必要です。
$cacert "file://path/to/ca.crt";
$privkey = array("file://path/to/ca.key""your_ca_key_passphrase");

$usercert openssl_csr_sign($csrdata$cacert$privkey365);

// 作成された証明書を表示します。これをコピーして、
// ローカル設定(たとえば SSL サーバーへの接続設定ファイルなど)
// に貼り付けます。
openssl_x509_export($usercert$certout);
echo 
$certout;

// 発生したエラーをすべて表示します。
while (($e openssl_error_string()) !== false) {
    echo 
$e "\n";
}
?>

add a note add a note

User Contributed Notes 3 notes

up
1
thomas dot lussnig at bewegungsmelder dot de
12 years ago
Here is an sample how to create valid X.509 Public and Private Key (cert/key).
When not using self signed the 4.2.1 segault. You need the CVS code at least for openssl.

<?
Header("Content-Type: text/plain");
$CA_CERT = "CA.cert.pem";
$CA_KEY  = "CA.key.pem";
$req_key = openssl_pkey_new();
if(openssl_pkey_export ($req_key, $out_key)) {
        $dn = array(
                "countryName"            => "DE",
                "stateOrProvinceName"    => "Frankfurt",
                "organizationName"       => "smcc.net",
                "organizationalUnitName" => "E-Mail",
                "commonName"             => "Testcert"
                );
        $req_csr  = openssl_csr_new ($dn, $req_key);
        $req_cert = openssl_csr_sign($req_csr, "file://$CA_CERT", "file://$CA_KEY", 365);
        if(openssl_x509_export ($req_cert, $out_cert)) {
                echo "$out_key\n";
                echo "$out_cert\n";
                }
        else    echo "Failed Cert\n";
        }
else            echo "FailedKey\n";
?>
up
0
Kai Sellgren
5 years ago
You can use file_get_contents() to directly pass the content instead of giving file paths.

Also, if you get an error "sec_error_reused_issuer_and_serial", put a serial into the last parameter:

<?php

$privkey
= array(file_get_contents('ca.key'),"your_ca_key_passphrase");
$usercert = openssl_csr_sign($csrdata, file_get_contents('ca.crt'),$privkey,365,NULL,'06');
openssl_x509_export($usercert,$certout);
file_put_contents('serverCASigned.crt',$certout);

?>

In that above example the serial was "06".
up
0
eric at ypass dot net
12 years ago
To generate a self-signed certificate, pass NULL as the signing certificate (2nd parameter).  For example:

$req_key = openssl_pkey_new();
$dn = array(
    "countryName" => "US",
    "stateOrProvinceName" => "Colorado",
    "organizationName" => "yPass.net",
    "organizationalUnitName" => "yPass.net",
    "commonName" => "yPass.net Root Certificate"
);
$req_csr = openssl_csr_new($dn, $req_key);
$req_cert = openssl_csr_sign($req_csr, NULL, $req_key, 365);
To Top