SunshinePHP Developer Conference 2015

stream_set_write_buffer

(PHP 4 >= 4.3.0, PHP 5)

stream_set_write_buffer指定されたストリームのファイル書き込みバッファリングを有効にする

説明

int stream_set_write_buffer ( resource $stream , int $buffer )

stream で指定されたファイルポインタに buffer で表されたバイト数分だけ出力バッファを設定します。

fwrite() による出力は、通常では 8K バイトがバッファされます。 これは、もし同じストリームに対し出力を行おうとするプロセスが2つあったとき、 いずれかのプロセスは、他方のプロセスが出力できるように 8K バイト分 データを書き出したところで停止することを示しています。

パラメータ

stream

ファイルポインタ。

buffer

バッファのバイト数。 buffer が 0 であれば、書き込み操作はバッファされなくなります。 これにより、fwrite() による書き込み操作が、他の プロセスが同じ出力ストリームに対して何らかの書き込み操作を行う前に 完了することが保証されます。

返り値

成功時に 0 を、要求通りに設定できなかった場合は EOF を返します。

例1 stream_set_write_buffer() の例

次の例は、バッファされていないストリームを stream_set_write_buffer() によって作成する方法を示したものです。

<?php
$fp 
fopen($file"w");
if (
$fp) {
  
stream_set_write_buffer($fp0);
  
fwrite($fp$output);
  
fclose($fp);
}
?>

参考

  • fopen() - ファイルまたは URL をオープンする
  • fwrite() - バイナリセーフなファイル書き込み処理
add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top