Locale::parseLocale

locale_parse

(PHP 5 >= 5.3.0, PHP 7, PECL intl >= 1.0.0)

Locale::parseLocale -- locale_parseロケール ID のサブタグ要素を連想配列で返す

説明

オブジェクト指向型

public static array Locale::parseLocale ( string $locale )

手続き型

array locale_parse ( string $locale )

ロケール ID のサブタグ要素を連想配列で返します。

パラメータ

locale

サブタグの配列を取り出したいロケール。 注意: サブタグ 'variant' と 'private' には最大で 15 の値を指定できますが、 'extlang' には最大で 3 つの値しか指定できません。

返り値

連想配列を返します。キーがロケール ID サブタグを表し、 そのサブタグの値が関連付けられています。 この配列の並び順はロケール ID サブタグの順となります。変化形が '-varX-varY-varZ' の場合、返される配列は variant0=>varX , variant1=>varY , variant2=>varZ のようになります。

例1 locale_parse() の例

<?php
$arr 
locale_parse('sl-Latn-IT-nedis');
if (
$arr) {
    foreach (
$arr as $key => $value) {
        echo 
"$key : $value , ";
    }
}
?>

例2 オブジェクト指向の例

<?php
$arr 
Locale::parseLocale('sl-Latn-IT-nedis');
if (
$arr) {
    foreach (
$arr as $key => $value) {
        echo 
"$key : $value , ";
    }
}
?>

上の例の出力は以下となります。

language : sl , script : Latn , region : IT , variant0 : NEDIS ,

参考

  • locale_compose() - 正しく並べ替えて区切られたロケール ID を返す

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top