PHP 7.1.18 Released

MessageFormatter::parseMessage

msgfmt_parse_message

(PHP 5 >= 5.3.0, PHP 7, PECL intl >= 1.0.0)

MessageFormatter::parseMessage -- msgfmt_parse_message手早く入力文字列をパースする

説明

オブジェクト指向型

public static array MessageFormatter::parseMessage ( string $locale , string $pattern , string $source )

手続き型

array msgfmt_parse_message ( string $locale , string $pattern , string $value )

明示的にフォーマッタオブジェクトを作成せずに、 手早く入力文字列をパースします。 この関数を使用するのは、 一度きりのフォーマット処理であってパラメータや状態を保持する必要がない場合です。

パラメータ

locale

ロケールに依存する部分をパースする際に使用するロケール。

pattern

value のパースに使うパターン。

source

パースする文字列。pattern を満たします。

返り値

取り出した項目を含む配列を返します。 エラーが発生した場合は FALSE を返します。

例1 msgfmt_parse_message() の例

<?php
$fmt 
msgfmt_parse_message('en_US'"{0,number,integer} monkeys on {1,number,integer} trees make {2,number} monkeys per tree",
                            
"4,560 monkeys on 123 trees make 37.073 monkeys per tree");
var_export($fmt);

$fmt msgfmt_parse_message('de'"{0,number,integer} Affen auf {1,number,integer} Bäumen sind {2,number} Affen pro Baum"
                            
"4.560 Affen auf 123 Bäumen sind 37,073 Affen pro Baum");
var_export($fmt);
?>

例2 オブジェクト指向の例

<?php
$fmt 
MessageFormatter::parseMessage('en_US'"{0,number,integer} monkeys on {1,number,integer} trees make {2,number} monkeys per tree",
                            
"4,560 monkeys on 123 trees make 37.073 monkeys per tree");
var_export($fmt);

$fmt MessageFormatter::parseMessage('de'"{0,number,integer} Affen auf {1,number,integer} Bäumen sind {2,number} Affen pro Baum"
                            
"4.560 Affen auf 123 Bäumen sind 37,073 Affen pro Baum");
var_export($fmt);
?>

上の例の出力は以下となります。

array (
  0 => 4560,
  1 => 123,
  2 => 37.073,
)
array (
  0 => 4560,
  1 => 123,
  2 => 37.073,
)

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top