PHPKonf: Istanbul PHP Conference 2017

PHP オプション/情報 関数

目次

  • assert_options — 様々な assert フラグを設定/取得する
  • assert — assertion が FALSE であるかどうかを調べる
  • cli_get_process_title — 現在のプロセスのタイトルを返す
  • cli_set_process_title — プロセスのタイトルを設定する
  • dl — 実行時に PHP 拡張モジュールをロードする
  • extension_loaded — ある拡張機能がロードされているかどうかを調べる
  • gc_collect_cycles — すべての既存ガベージサイクルを強制的に収集する
  • gc_disable — 循環参照コレクタを無効にする
  • gc_enable — 循環参照コレクタを有効にする
  • gc_enabled — 循環参照コレクタの状態を返す
  • gc_mem_caches — Zend Engine のメモリーマネージャによって使用されたメモリーを再利用する
  • get_cfg_var — PHP 設定オプションの値を取得する
  • get_current_user — 現在の PHP スクリプトの所有者の名前を取得する
  • get_defined_constants — すべての定数の名前とその値を連想配列として返す
  • get_extension_funcs — あるモジュールの関数名を配列として返す
  • get_include_path — 現在の include_path 設定オプションを取得する
  • get_included_files — include または require で読み込まれたファイルの名前を配列として返す
  • get_loaded_extensions — コンパイル/ロードされている全てのモジュールの名前を配列として返す
  • get_magic_quotes_gpc — magic_quotes_gpc の現在の設定を得る
  • get_magic_quotes_runtime — magic_quotes_runtime の現在アクティブな設定値を取得する
  • get_required_files — get_included_files のエイリアス
  • get_resources — アクティブなリソースを返す
  • getenv — 環境変数の値を取得する
  • getlastmod — 最終更新時刻を取得する
  • getmygid — PHP スクリプトの所有者の GID を得る
  • getmyinode — 現在のスクリプトの inode を取得する
  • getmypid — PHP のプロセス ID を取得する
  • getmyuid — PHP スクリプト所有者のユーザー ID を取得する
  • getopt — コマンドライン引数のリストからオプションを取得する
  • getrusage — 現在のリソース使用状況を取得する
  • ini_alter — ini_set のエイリアス
  • ini_get_all — すべての設定オプションを得る
  • ini_get — 設定オプションの値を得る
  • ini_restore — 設定オプションの値を元に戻す
  • ini_set — 設定オプションの値を設定する
  • magic_quotes_runtime — set_magic_quotes_runtime のエイリアス
  • main — main のダミー
  • memory_get_peak_usage — PHP によって割り当てられたメモリの最大値を返す
  • memory_get_usage — PHP に割り当てられたメモリの量を返す
  • php_ini_loaded_file — 読み込まれた php.ini ファイルのパスを取得する
  • php_ini_scanned_files — 追加の ini ディレクトリにある .ini ファイルのリストを取得する
  • php_logo_guid — ロゴの guid を取得する
  • php_sapi_name — ウェブサーバーと PHP の間のインターフェイスの型を返す
  • php_uname — PHP が稼動しているオペレーティングシステムに関する情報を返す
  • phpcredits — PHP に関するクレジットを出力する
  • phpinfo — PHP の設定情報を出力する
  • phpversion — 現在の PHP バージョンを取得する
  • putenv — 環境変数の値を設定する
  • restore_include_path — include_path 設定オプションの値を元に戻す
  • set_include_path — include_path 設定オプションをセットする
  • set_magic_quotes_runtime — magic_quotes_runtime の現在アクティブな設定をセットする
  • set_time_limit — 実行時間の最大値を制限する
  • sys_get_temp_dir — 一時ファイル用に使用されるディレクトリのパスを返す
  • version_compare — ふたつの "PHP 標準" バージョン番号文字列を比較する
  • zend_logo_guid — Zend guid を取得する
  • zend_thread_id — 現在のスレッドの一意な ID を返す
  • zend_version — 現在の Zend Engine のバージョンを取得する
add a note add a note

User Contributed Notes 2 notes

up
-2
gilthansNOSPAAM at gmailSPAAMBLOCK dot com
11 years ago
Note: when magic_quotes_gpc is ON, it will also slash values inside both $_SERVER['QUERY_STRING'] and $_SERVER['SCRIPT_NAME'] (and equivalents) will also be slashed.
up
-5
Mark
12 years ago
You probably don't want to set "magic_quotes_runtime" because it affects even binary file read/write operations. This is especially problematic if you include someone else's library that depends on binary read/write. If you enable "magic_quotes_runtime", be sure to use set_magic_quotes_runtime() function call to disable it before calling someone else's library that does binary read/write.
To Top