getrusage

(PHP 4, PHP 5, PHP 7)

getrusage現在のリソース使用状況を取得する

説明

array getrusage ([ int $who = 0 ] )

この関数は、getrusage(2) へのインターフェイスです。 システムコールから返されたデータを含む連想配列を返します。

パラメータ

who

who が 1 の場合、getrusage は RUSAGE_CHILDREN を付けてコールされます。

返り値

システムコールから返されたデータを含む連想配列を返します。 すべてのエントリは、記述されたフィールド名を用いてアクセス可能です。

例1 getrusage() の例

<?php
$dat 
getrusage();
echo 
$dat["ru_oublock"];       // number of block output operations
echo $dat["ru_inblock"];       // number of block input operations
echo $dat["ru_msgsnd"];        // IPC メッセージの送信数
echo $dat["ru_msgrcv"];        // IPC メッセージの受信数
echo $dat["ru_maxrss"];        // maximum resident set size
echo $dat["ru_ixrss"];         // integral shared memory size
echo $dat["ru_idrss"];         // integral unshared data size
echo $dat["ru_minflt"];        // number of page reclaims (soft page faults)
echo $dat["ru_majflt"];        // ページフォルトの数 (hard page faults)
echo $dat["ru_nsignals"];      // number of signals received
echo $dat["ru_nvcsw"];         // number of voluntary context switches
echo $dat["ru_nivcsw"];        // number of involuntary context switches
echo $dat["ru_nswap"];         // スワップの数
echo $dat["ru_utime.tv_usec"]; // 使用するユーザー時間 (マイクロ秒)
echo $dat["ru_utime.tv_sec"];  // 使用するユーザー時間 (秒)
echo $dat["ru_stime.tv_usec"]; // 使用するシステム時間 (マイクロ秒)
?>

変更履歴

バージョン 説明
7.0.0 この関数は、Windows でサポートされるようになりました。

注意

注意:

Windows では、getrusage() は以下のメンバーしか帰しません。

  • "ru_stime.tv_sec"
  • "ru_stime.tv_usec"
  • "ru_utime.tv_sec"
  • "ru_utime.tv_usec"
  • "ru_majflt" (whoRUSAGE_SELF である場合のみ)
  • "ru_maxrss" (whoRUSAGE_SELF である場合のみ)

getrusage() を呼び出す際に who1 (RUSAGE_CHILDREN) を指定すると、 各スレッドのリソース使用状況を収集します (つまり、内部的には RUSAGE_THREAD を指定してこの関数が呼ばれるということです)。

注意:

BeOS 2000 では、以下のメンバーしか返しません。

  • "ru_stime.tv_sec"
  • "ru_stime.tv_usec"
  • "ru_utime.tv_sec"
  • "ru_utime.tv_usec"

参考

  • getrusage(2) についてのシステムの man ページ

add a note add a note

User Contributed Notes 2 notes

up
3
jlh at gmx dot ch
11 months ago
Note that this function returns rusage of the current process. In a web environment where you have long running apache processes that serve several requests with PHP executions, this will return cumulative timings and is therefore not suitable for telling how much user time your used. The best you could do is to call getrusage() once at the beginning and once at the end and calculate the difference.
up
3
Domas Mituzas
9 years ago
getrusage() reports kernel counters that are updated only once application loses context and a switch to kernel space happens. For example on modern Linux server kernels that would mean that getrusage() calls would return information rounded at 10ms, desktop kernels - at 1ms.

getrusage() isn't usable for micro-measurements at all - and getmicrotime(true) might be much more valuable resource.
To Top