ConFoo: Call for paper is now Open

Yaf_Route_Map クラス

(Yaf >=1.0.0)

導入

Yaf_Route_Map は標準で組み込まれているルートです。 単純に URI エンドポイント (URI の中で、ベース URL の後に続く部分。 Yaf_Request_Abstract::setBaseUri() を参照ください) をコントローラ名やアクション名に変換します (どちらになるかは Yaf_Route_Map::__construct() に渡すパラメータで決まります)。 その規則は次のとおりです。 A => controller A. A/B/C => controller A_B_C. A/B/C/D/E => controller A_B_C_D_E.

Yaf_Route_Map::__construct() の二番目のパラメータを指定すると、 URI の中でデリミタより前の部分だけを使ってルーティングを行います。 デリミタ以降の部分は、ルーティングリクエストのパラメータとして使います (Yaf_Route_Map::__construct() のサンプルを参照ください)。

クラス概要

Yaf_Route_Map implements Yaf_Route_Interface {
/* プロパティ */
protected $_ctl_router ;
protected $_delimeter ;
/* メソッド */
public string assemble ( array $info [, array $query ] )
public __construct ([ string $controller_prefer = false [, string $delimiter = "" ]] )
public bool route ( Yaf_Request_Abstract $request )
}

プロパティ

_ctl_router

_delimeter

目次

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top