PHP 5.6.0RC3 is available

odbc_prepare

(PHP 4, PHP 5)

odbc_prepare実行用に文を準備する

説明

resource odbc_prepare ( resource $connection_id , string $query_string )

実行用に文を準備します。 結果 ID は、この後 odbc_execute() で命令を実行する際に使用することができます。

(IBM DB2、MS SQL Server および Oracle のように) ストアドプロシージャが利用可能で、ODBC 仕様で定義されている IN、INOUT および OUT が利用できるものもあります。 しかし、Unified ODBC ドライバでは現在 IN 型のパラメータしかサポートしていません。

パラメータ

connection_id

ODBC 接続 ID。詳細は odbc_connect() を参照ください。

query_string

準備するクエリ文字列。

返り値

SQL コマンドの準備に成功した場合は、ODBC 結果 ID を返します。 エラー時には、FALSE を返します。

例1 odbc_execute() および odbc_prepare() の例

次のコードは、myproc の 3 つのパラメータがすべて IN パラメータである場合にのみ $successTRUE となります。

<?php
$a 
1;
$b 2;
$c 3;
$stmt    odbc_prepare($conn'CALL myproc(?,?,?)');
$success odbc_execute($stmt, array($a$b$c));
?>

INOUT や OUT パラメータを用いるストアドプロシージャをコールしたい場合は、 各データベース専用の拡張モジュール (たとえば MS SQL Server なら mssql、 Oracle なら oci8) を使うようにしましょう。

参考

  • odbc_execute() - プリペアドステートメントを実行する

add a note add a note

User Contributed Notes 3 notes

up
1
bslorence
7 years ago
Is it just me or is the code above misleading? It makes it look like odbc_execute() returns a resource suitable, say, for passing to one of the odbc_fetch_* functions.

In fact, odbc_execute() returns a boolean, which simply indicates success (TRUE) or failure (FALSE). The variable to pass to odbc_fetch_* is the same one that you pass to odbc_execute():

<?php
$res
= odbc_prepare($db_conn, $query_string);
if(!
$res) die("could not prepare statement ".$query_string);

if(
odbc_execute($res, $parameters)) {
   
$row = odbc_fetch_array($res);
} else {
   
// handle error
}
?>
up
1
Marek
9 years ago
Use this example for IBM DB/2:

$q = "update TABLE set PASS=? where NAME=?";
$res = odbc_prepare ($con, $q);

$a = "secret"; $b="user";
$exc = odbc_execute($res, array($a, $b));
up
-1
Ron
6 years ago
odbc_exec() returns BOOLEAN if the query doesn't return a result set.

If the query returns a result set, odbc_exec() returns a resource to that result set.
To Top