xdiff_string_patch

(PECL xdiff >= 0.2.0)

xdiff_string_patch文字列に unified diff 形式のパッチを適用する

説明

string xdiff_string_patch ( string $str , string $patch [, int $flags [, string &$error ]] )

ある文字列 str に、unified 形式のパッチ文字列 patch を適用してその結果を返します。 patch は、 xdiff_file_diff()/xdiff_string_diff() 関数で作成した unified diff 形式でなければなりません。 オプションのパラメータ flags で、操作モードを指定します。パッチが拒否された部分については、 もし error を指定していればそこに保存されます。

パラメータ

str

元の文字列。

patch

unified 形式のパッチ文字列。 xdiff_string_diff() 関数や xdiff_file_diff() 関数、 あるいは互換性のあるツールで作成したものでなければなりません。

flags

flagsXDIFF_PATCH_NORMAL (デフォルト。通常のパッチ) あるいは XDIFF_PATCH_REVERSE (逆パッチ) のいずれかです。

バージョン 1.5.0 以降では、バイナリ OR を使用して XDIFF_PATCH_IGNORESPACE フラグを有効にすることもできます。

error

これを指定すると、パッチを拒否された部分がここに保存されます。

返り値

パッチ適用後の文字列、あるいはエラー時に FALSE を返します。

例1 xdiff_string_patch() の例

以下のコードは、ある記事に対して変更を適用します。

<?php
$old_article 
file_get_contents('./old_article.txt');
$diff $_SERVER['patch']; /* だれかが html フォームからパッチを投稿したとしましょう */

$errors '';

$new_article xdiff_string_patch($old_article$diffXDIFF_PATCH_NORMAL$errors);
if (
is_string($new_article)) {
    echo 
"新しい記事:\n";
    echo 
$new_article;
}

if (
strlen($errors)) {
    echo 
"Rejects: \n";
    echo 
$errors;
}

?>

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top