PHP Australia Conference 2015

Gmagick::motionblurimage

(PECL gmagick >= Unknown)

Gmagick::motionblurimageモーションブラーをシミュレートする

説明

public void Gmagick::motionblurimage ( float $radius , float $sigma , float $angle )

モーションブラーをシミュレートします。 指定した半径と標準偏差 (シグマ) によるガウス演算によって画像を畳み込みます。 意味のある結果を得るには、半径がシグマより大きくなければなりません。 radius に 0 を指定すると、MotionBlurImage() が適切な半径を自動的に設定します。 angle にはぼかしをかける角度を指定します。

パラメータ

radius

ガウス演算の半径。ピクセル単位で指定し、中心は計算に入れません。

sigma

ガウス演算の標準偏差。ピクセル単位で指定します。

angle

この角度で効果を適用します。

返り値

成功した場合に Gmagick オブジェクトを返します。

エラー / 例外

エラー時に GmagickException をスローします。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top