ImagickDraw::setViewbox

(PECL imagick 2.0.0)

ImagickDraw::setViewboxキャンバス全体の大きさを設定する

説明

bool ImagickDraw::setViewbox ( int $x1 , int $y1 , int $x2 , int $y2 )
警告

この関数は、 現在のところ詳細な情報はありません。引数のリストのみが 記述されています。

ベクターデータの描画に使用するキャンバスの大きさを設定します。 通常は、これはキャンバス画像と同じ大きさに設定します。 ベクターデータを SVG や MVG 形式で保存する際に、 これを使用してキャンバス画像の大きさを指定します。 またビューアがベクターデータをレンダリングする際にもこれを使用します。

パラメータ

x1

左の x 座標。

y1

左の y 座標。

x2

右の x 座標。

y2

右の y 座標。

返り値

値を返しません。

例1 ImagickDraw::setViewBox()

<?php
function setViewBox($strokeColor$fillColor$backgroundColor) {

    
$draw = new \ImagickDraw();

    
$draw->setStrokeColor($strokeColor);
    
$draw->setFillColor($fillColor);
    
$draw->setStrokeWidth(2);
    
$draw->setFontSize(72);

    
/*
     
    Sets the overall canvas size to be recorded with the drawing vector data. Usually this will be specified using the same size as the canvas image. When the vector data is saved to SVG or MVG formats, the viewbox is use to specify the size of the canvas image that a viewer will render the vector data on.
    
     */

    
$draw->circle(2502502500);
    
$draw->setviewbox(00200200);
    
$draw->circle(125250250250);
    
$draw->translate(250125);
    
$draw->circle(001250);


    
$imagick = new \Imagick();
    
$imagick->newImage(500500$backgroundColor);
    
$imagick->setImageFormat("png");

    
$imagick->drawImage($draw);

    
header("Content-Type: image/png");
    echo 
$imagick->getImageBlob();
}

?>

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top