PHP 5.6.0 released

imagecreatefromgd2part

(PHP 4 >= 4.0.7, PHP 5)

imagecreatefromgd2partGD2 ファイルまたは URL の指定した部分から新規イメージを生成する

説明

resource imagecreatefromgd2part ( string $filename , int $srcX , int $srcY , int $width , int $height )

GD2 ファイルまたは URL の指定した部分から新規イメージを生成します。

ヒント

fopen wrappers が有効の場合、この関数のファイル名として URL を使用することができます。ファイル名の指定方法に関する詳細は fopen() を参照ください。 サポートするプロトコル/ラッパー には、さまざまなラッパーの機能やその使用法、 提供される定義済み変数などの情報がまとめられています。

パラメータ

filename

GD2 画像へのパス。

srcX

作成元の x 座標。

srcY

作成元の y 座標。

width

コピー元の幅。

height

コピー元の高さ。

返り値

成功した場合に画像リソース ID、エラー時に FALSE を返します。

例1 imagecreatefromgd2part() の例

<?php
// この例では、まず画像のサイズが必要となります
$image getimagesize('./test.gd2');

// 画像のサイズを取得し、
// 画像のインスタンスを作成します
$im imagecreatefromgd2part('./test.gd2'44, ($image[0] / 2) - 6, ($image[1] / 2) - 6);

// 画像処理をします。ここでは、PHP 5 以降の場合に
// エンボス処理を行っています
if(function_exists('imagefilter'))
{
    
imagefilter($imIMG_FILTER_EMBOSS);
}

// 最適化した画像を保存します
imagegd2($im'./test_emboss.gd2');
imagedestroy($im);
?>

注意

注意: この関数は、GD 2.0.1 以降を必要とします (2.0.28 以降を推奨します)。

警告

PHP 4.3.0 より前のバージョンの Windows 版 PHP は、現在この関数に関してリモートファイルアクセス機能を サポートしていません。これは、allow_url_fopen を 有効にした場合でも同様です。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top