ps_open_image

(PECL ps >= 1.1.0)

ps_open_image後で配置するために画像を読み込む

説明

int ps_open_image ( resource $psdoc , string $type , string $source , string $data , int $lenght , int $width , int $height , int $components , int $bpc , string $params )

すでにメモリ上にある画像を読み込みます。現在は source は評価されず、常に memory と仮定されます。 画像データは、左上から右下に向かってピクセルデータを順に並べたものです。 各ピクセルは、色コンポーネント components で構成されており、このコンポーネントの大きさは bpc ビットです。

パラメータ

psdoc

ps_new() が返す、postscript ファイルのリソース ID。

type

画像の形式。pngjpeg あるいは eps

source

使用されません。

data

画像データ。

length

画像データの長さ。

width

画像の幅。

height

画像の高さ。

components

各ピクセルのコンポーネントの数。 1 (グレースケール画像)、 3 (rgb 画像) あるいは 4 (cmyk, rgba 画像)。

bpc

コンポーネント単位のビット数 (ほとんどの場合は 8)

params

返り値

成功した場合に画像の ID を、失敗した場合にゼロを返します。 ID は、0 より大きい正の数値です。

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top