PHP 5.5.15 is released

ps_show_boxed

(PECL ps >= 1.1.0)

ps_show_boxedテキストをボックス内に出力する

説明

int ps_show_boxed ( resource $psdoc , string $text , float $left , float $bottom , float $width , float $height , string $hmode [, string $feature ] )

与えられたボックスの中にテキストを出力します。ボックスの左下の座標が (left, bottom) となります。 必要に応じて改行が挿入されます。連続する空白文字は、ひとつとして扱われ、 タブ文字は空白文字として扱われます。

パラメータ hyphenationTRUE に設定されており、またパラメータ hyphendict に有効なハイフネーションファイルが設定されている場合に、 テキストのハイフネーションが行われます。 行間隔の設定は、値 leading で行います。 TeX と同様に、段落と段落の間には空行が挿入されます。 値 parindent が 0.0 より大きく設定されている場合、 最初の n 行は字下げされます。n の行数は、値 numindentlines で設定します。 最初の m 段落を字下げしないようにするには、 値 parindentskip に正の数値を設定します。

パラメータ

psdoc

ps_new() が返す、postscript ファイルのリソース ID。

text

指定したボックスの中に出力するテキスト。

left

ボックスの左下角の x 座標。

bottom

ボックスの左下角の y 座標。

width

ボックスの幅。

height

ボックスの高さ。

hmode

パラメータ hmode は "justify"(均等割付)・ "fulljustify"(完全な均等割付)・"right"(右寄せ)・"left"(左寄せ)・ "center"(センタリング)のどれかの値を設定します。 "justify" と "fulljustify" の違いは、ボックスの最終行の処理です。 fulljustify モードでは、 段落の最後の行である場合を除いて最終行も均等割付をします。 justify モードでは、最終行は常に左寄せとなります。

feature

用いられるパラメータ

ps_show_boxed() の出力は、パラメータや値 (それぞれ ps_set_parameter()ps_set_value() で設定されたもの) で設定できます。 テキスト出力に影響するパラメータや値のうち、以下のものが評価されます。

leading (value)

連続する 2 つの行の間隔です。

linebreak (parameter)

キャリッジリターンを、空白ではなく改行として扱いたい場合は "true" に設定します。デフォルトは "false" です。

parbreak (parameter)

単一行のデータ中のキャリッジリターンを、空白ではなく段落区切りとして 扱いたい場合は "true" に設定します。デフォルトは "true" です。

hyphenation (parameter)

ハイフネーションを有効にする場合は "true" に設定します。 その際、パラメータ "hyphendict" に辞書を設定しておく必要があります。 デフォルトは "false" です。

hyphendict (parameter)

ハイフネーションパターンの辞書ファイル名です(以下を参照)。

hyphenminchar (value)

ハイフンの前後に最低限必要な文字数です。つまり、少なくともこの値の 2 倍以上の文字数の単語でないとハイフネーションされないということです。 デフォルトは 3 です。値をゼロに設定すると、デフォルトの値が使われます。

parindent (value)

段落の最初の m 行に対する字下げの量をピクセル単位で設定します。 m は、値 "numindentlines" で設定します。

parskip (value)

段落間の空白の追加量をピクセル単位で設定します。デフォルトは 0 で、 通常の行間設定をそのまま利用します。

numindentlines (value)

段落の最初の部分で字下げ対象となる行数です。デフォルトは 1 です。

parindentskip (value)

字下げ処理を行わない段落数を設定します。デフォルトは 0 です。 この設定が便利に使えるのは、章の始めの段落・2 つのボックスにまたがる テキストなどです。このような場合には値を 1 に設定します。

linenumbermode (parameter)

行番号のつけ方を設定します。"box" を設定するとボックス全体に 番号をつけ、"paragraph" を設定するとその中の段落単位で番号をつけます。

linenumberspace (value)

行番号を表示するための、左側のスペースの幅です。行番号は、 このスペースに右詰めで表示されます。デフォルトは 20 です。

linenumbersep (value)

行番号欄と行本文欄の間の空白です。デフォルトは 5 です。

ハイフネーション

パラメータ hyphenation が true に設定され、かつ 有効なハイフネーション辞書が設定されている場合に、テキストが ハイフネーションされます。pslib は独自のハイフネーション辞書を持っておらず、 openoffice または scribus, koffice の辞書のうちひとつを利用します。 これらのソフトウェアがインストールされている環境では、さまざまな言語の辞書が 以下のディレクトリで見つけられます。

  • /usr/share/apps/koffice/hyphdicts/
  • /usr/lib/scribus/dicts/
  • /usr/lib/openoffice/share/dict/ooo/
現時点では、scribus が最も完璧なハイフネーション辞書を持っているようです。

返り値

書くことができなかった文字数を返します。

参考

add a note add a note

User Contributed Notes 2 notes

up
0
php at catchall dot toao dot net
5 years ago
In order to justify text in the way a word processor would, one must set 'linebreak' to 'false' and 'parbreak' to 'true'.  For every new line, you must use "\n\n" (two newlines, NOT carriage returns as stated in the docs).  If you wish to make two new lines in your finished document, "\n\n\n\n" will not work.  Instead, you must use "\n\n \n\n".

For every line to be justified, you should append "\n " (new line and a space) to the end of the text.  For this to work, 'linebreak' must be 'true'.
up
0
tilman dot schroeder at gmx dot de
7 years ago
Note that there will no box be drawn around the text even if the function name suggests this.

After the box has been drawn you can get the new x and y position with

<?php
$x
=ps_get_value($ps,'textx',NULL);
$y=ps_get_value($ps,'texty',NULL);
?>

textx points to the end of the last character written by ps_show_boxed and texty points to the baseline of the last line written (which means, if there is e.g. a 'g' in the last line then the lower part's y-coordinates of the g will be lower than the value of texty. I hope you understand what I meant)
To Top