PHP 5.6.0 released

ps_get_parameter

(PECL ps >= 1.1.0)

ps_get_parameterパラメータを取得する

説明

string ps_get_parameter ( resource $psdoc , string $name [, float $modifier ] )

ps_set_parameter() で直接設定されたか、 あるいは他の関数で間接的に設定されたパラメータの値を取得します。 パラメータは文字列値として定義されます。この関数は、 同じく ps_set_parameter() で設定されたリソースを取得するためには利用できません。

パラメータ name は、以下の値をとります。

fontname

現在アクティブなフォント、 あるいはパラメータ modifier で指定された ID を持つフォントの名前。

fontencoding

現在アクティブなフォントのエンコーディング。

dottedversion

元になる pslib ライブラリのバージョン。書式は <major>.<minor>.<subminor>

scope

現在の描画スコープ。object, document, null, page, pattern, path, template, prolog, font, glyph。

ligaturedisolvechar

リゲチャを溶かす文字。たとえば、リゲチャ `ff' を含むフォントで `|' がこの文字に指定されていた場合は、 `f|f' はリゲチャ `ff' ではなく 2 つの独立した `f' となります。

imageencoding

画像の符号化に使用するエンコーディング。 hex あるいは 85。 hex エンコーディングは、画像の各バイトを postscript ファイルの 2 バイトであらわします。85 は Ascii85 エンコーディングを表します。

linenumbermode

行番号を段落単位でつける場合は paragraph、 ボックス内でつける場合は box を設定します。

linebreak

テキストを ps_show_boxed() で出力する場合にのみ使用します。 TRUE を設定すると、 改行時にキャリッジリターンが付加されます。

parbreak

テキストを ps_show_boxed() で出力する場合にのみ使用します。 TRUE を設定すると、 キャリッジリターンで新しい段落を開始します。

hyphenation

テキストを ps_show_boxed() で出力する場合にのみ使用します。 TRUE を設定すると、 ハイフネーション辞書が設定されており存在する場合に、 段落のハイフネーション処理が行われます。

hyphendict

ハイフネーションパターンの辞書のファイル名。

返り値

成功した場合にパラメータの値を、失敗した場合に FALSE を返します。

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top