International PHP Conference 2015

str_word_count

(PHP 4 >= 4.3.0, PHP 5)

str_word_count 文字列に使用されている単語についての情報を返す

説明

mixed str_word_count ( string $string [, int $format = 0 [, string $charlist ]] )

string の単語数を数えます。 オプションの format が指定されていない場合、 見つかった単語の数を整数値で返します。 format が指定されている場合は結果が配列で返され、 配列の内容は format に依存します。 format に設定できる値と対応する出力については 以下で示します。

この関数を使用するうえで、'単語' は以下のように定義されます。すなわち、 「ロケールに依存しないアルファベットからなる文字列で、その先頭以外の部分に "'" および "-" が含まれていてもよい」。

パラメータ

string

文字列。

format

この関数の戻り値を設定します。現在サポートされている値は 以下のとおりです。

  • 0 - 見つかった単語の数を返します。
  • 1 - string の中に見つかった単語を含む 配列を返します。
  • 2 - 連想配列を返します。string の中での 単語の開始位置がキー、単語自体を対応する値となります。

charlist

'単語' とみなされる文字に追加する文字のリスト。

返り値

選択した format に応じて、配列あるいは整数を返します。

変更履歴

バージョン 説明
5.1.0 charlist パラメータが追加されました。

例1 str_word_count() の例

<?php

$str 
"Hello fri3nd, you're
       looking          good today!"
;

print_r(str_word_count($str1));
print_r(str_word_count($str2));
print_r(str_word_count($str1'àáãç3'));

echo 
str_word_count($str);

?>

上の例の出力は以下となります。

Array
(
    [0] => Hello
    [1] => fri
    [2] => nd
    [3] => you're
    [4] => looking
    [5] => good
    [6] => today
)

Array
(
    [0] => Hello
    [6] => fri
    [10] => nd
    [14] => you're
    [29] => looking
    [46] => good
    [51] => today
)

Array
(
    [0] => Hello
    [1] => fri3nd
    [2] => you're
    [3] => looking
    [4] => good
    [5] => today
)

7

参考

  • explode() - 文字列を文字列により分割する
  • preg_split() - 正規表現で文字列を分割する
  • split() - 正規表現により文字列を分割し、配列に格納する
  • count_chars() - 文字列で使用されている文字に関する情報を返す
  • substr_count() - 副文字列の出現回数を数える

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top