IntlDateFormatter::getCalendarObject

datefmt_get_calendar_object

(PHP 5 >= 5.5.0, PHP 7, PECL intl >= 3.0.0)

IntlDateFormatter::getCalendarObject -- datefmt_get_calendar_objectカレンダーオブジェクトのコピーを取得する

説明

オブジェクト指向型

public IntlCalendar IntlDateFormatter::getCalendarObject ( void )

手続き型

IntlCalendar datefmt_get_calendar_object ( void )

このフォーマッターが内部的に使うカレンダーオブジェクトのコピーを取得します。 このカレンダーには型 (gregorian、japanese、buddhist、roc、persian、 islamic など) やタイムゾーンが設定されており、フォーマッターが使っている型やタイムゾーンと一致します。 オブジェクトの日付や時刻は指定されていません。

パラメータ

この関数にはパラメータはありません。

返り値

このフォーマッターが内部的に使うカレンダーオブジェクトのコピーを返します。

例1 IntlDateFormatter::getCalendarObject() の例

<?php
$formatter 
IntlDateFormatter::create(
    
"fr_FR@calendar=islamic"
    
NULL,
    
NULL,
    
"GMT-01:00",
    
IntlDateFormatter::TRADITIONAL
);

$cal $formatter->getCalendarObject();

var_dump(
    
$cal->getType(),
    
$cal->getTimeZone(),
    
$cal->getLocale(Locale::VALID_LOCALE)
);

上の例の出力は以下となります。

string(7) "islamic"
object(IntlTimeZone)#3 (4) {
  ["valid"]=>
  bool(true)
  ["id"]=>
  string(9) "GMT-01:00"
  ["rawOffset"]=>
  int(-3600000)
  ["currentOffset"]=>
  int(-3600000)
}
string(5) "fr_FR"

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top