PHP 7.1.18 Released

IntlDateFormatter::parse

datefmt_parse

(PHP 5 >= 5.3.0, PHP 7, PECL intl >= 1.0.0)

IntlDateFormatter::parse -- datefmt_parse文字列をパースしてタイムスタンプにする

説明

オブジェクト指向型

public int IntlDateFormatter::parse ( string $value [, int &$position ] )

手続き型

int datefmt_parse ( IntlDateFormatter $fmt , string $value [, int &$position ] )

文字列 $value を時間に変換します。$parse_pos からパースを開始し、 入力値を可能な限り使用します。

パラメータ

fmt

Formatter リソース。

value

時間に変換する文字列。

position

$value のパースを開始する位置 (ゼロから数えます)。 $value を処理する前にエラーが発生していない場合は $parse_pos は -1 となります。それ以外の場合はパースが終了した位置となります (そしてエラーが発生します)。 この変数には、パースが失敗した場合にその終了位置が含まれます。 $parse_pos > strlen($value) の場合、パースは即時に失敗します。

返り値

タイムスタンプとしてパースされた値を返します。 パースできなかった場合は FALSE を返します。

例1 オブジェクト指向の例

<?php
$fmt 
datefmt_create(
    
'en_US',
    
IntlDateFormatter::FULL,
    
IntlDateFormatter::FULL,
    
'America/Los_Angeles',
    
IntlDateFormatter::GREGORIAN
);
echo 
'First parsed output is ' datefmt_parse($fmt'Wednesday, December 20, 1989 4:00:00 PM PT');
$fmt datefmt_create(
    
'de-DE',
    
IntlDateFormatter::FULL,
    
IntlDateFormatter::FULL,
    
'America/Los_Angeles',
    
IntlDateFormatter::GREGORIAN
);
echo 
'Second parsed output is ' datefmt_parse($fmt'Mittwoch, 20. Dezember 1989 16:00 Uhr GMT-08:00');
?>

例2 datefmt_parse() の例

<?php
$fmt 
datefmt_create"en_US" ,IntlDateFormatter::FULL,IntlDateFormatter::FULL,'America/Los_Angeles',IntlDateFormatter::GREGORIAN  );
echo 
"First parsed output is ".datefmt_parse$fmt ,  "Wednesday, December 20, 1989 4:00:00 PM PT");
$fmt datefmt_create"de-DE" ,IntlDateFormatter::FULL,IntlDateFormatter::FULL,'America/Los_Angeles',IntlDateFormatter::GREGORIAN  );
echo 
"Second parsed output is ".datefmt_parse$fmt "Mittwoch, 20. Dezember 1989 16:00 Uhr GMT-08:00");
?>

上の例の出力は以下となります。

First parsed output is 630201600
Second parsed output is 630201600

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top