PHP 5.6.0RC3 is available

pg_execute

(PHP 5 >= 5.1.0)

pg_execute 指定したパラメータを用いてプリペアドステートメントを実行するリクエストを 送信し、その結果を待つ

説明

resource pg_execute ([ resource $connection ], string $stmtname , array $params )

指定したパラメータを用いてプリペアドステートメントを実行するリクエストを 送信し、その結果を待ちます。

pg_execute()pg_query_params() と似ています。しかし、実行するコマンドはクエリを指定することで 決まるのではなく、事前に準備されたステートメントに値を指定する ことによって決まります。この機能のおかげで、繰り返し使用される コマンドに構文解析や実行計画作成が最初の一度だけで済みます。 実行するステートメントは、カレントのセッションで事前に準備しておく 必要があります。pg_execute() は、PostgreSQL 7.4 以降のバージョンの接続にのみ対応しています。それ以前のバージョンでは 失敗します。

パラメータは pg_query_params() と同じですが、 クエリ文字列のかわりにプリペアドステートメントの名前を指定する という点だけが違います。

パラメータ

connection

PostgreSQL データベース接続リソース。connection が指定されていない場合はデフォルトの接続が使用されます。 デフォルトの接続は、直近の pg_connect() あるいは pg_pconnect() によって作成されたものです。

stmtname

実行するプリペアドステートメントの名前。"" が指定された場合は 無名ステートメントが実行されます。名前は、事前に pg_prepare()pg_send_prepare() あるいは PREPARE SQL コマンドで準備されたものである 必要があります。

params

プリペアドステートメント中の $1、$2 などのプレースホルダを 置き換えるパラメータの配列。配列の要素数はプレースホルダの 数と一致する必要があります。

警告

この関数をコールする際に、要素の内容は文字列に変換されます。

返り値

成功した場合にクエリ結果リソース、失敗した場合に FALSE を返します。

例1 pg_execute() の使用法

<?php
// "mary"という名前のデータベースに接続
$dbconn pg_connect("dbname=mary");

// 実行するクエリを準備
$result pg_prepare($dbconn"my_query"'SELECT * FROM shops WHERE name = $1');

// プリペアドクエリの実行。文字列 "Joe's Widgets" のエスケープ処理は
// 一切必要ないことに注意
$result pg_execute($dbconn"my_query", array("Joe's Widgets"));

// 同じプリペアドクエリを違うパラメータで実行
$result pg_execute($dbconn"my_query", array("Clothes Clothes Clothes"));

?>

参考

  • pg_prepare() - 指定したパラメータでプリペアドステートメントを作成するリクエストを 送信し、その完了を待つ
  • pg_send_prepare() - 指定したパラメータでプリペアドステートメントを作成するリクエストを 送信し、その結果を待たない
  • pg_query_params() - SQL コマンドとパラメータを分割してサーバーにを送信し、その結果を待つ

add a note add a note

User Contributed Notes 1 note

up
0
nmmm at nmmm dot nu
8 years ago
I am not 100% sure in this, but pg_exec() could return 0 as Connection ID.

because of that i change some of my code like this:

$dbres = pg_exec($SQL);

if ($dbres === false){
        echo "DB is down";
        exit;
}else{
        //do something
}
To Top