5.5.15

pg_free_result

(PHP 4 >= 4.2.0, PHP 5)

pg_free_resultメモリを開放する

説明

bool pg_free_result ( resource $result )

pg_free_result() は、指定された PostgreSQL クエリ 結果 resource に関するメモリとデータを開放します。

この関数は、スクリプト実行中のメモリ使用量を抑制したい場合にのみ コールする必要があります。それ以外の場合は、すべての結果保持用 メモリは、スクリプトが終了する際に自動的に開放されます。

注意:

この関数は、以前は pg_freeresult() と呼ばれていました。

パラメータ

result

pg_query(), pg_query_params() あるいは pg_execute() から返される PostgreSQL の クエリ結果リソース。

返り値

成功した場合に TRUE を、失敗した場合に FALSE を返します。

例1 pg_free_result() の例

<?php
$db 
pg_connect("dbname=users user=me") || die();

$res pg_query($db"SELECT 1 UNION ALL SELECT 2");

$val pg_fetch_result($res10);

echo 
"First field in the second row is: "$val"\n";

pg_free_result($res);
?>

上の例の出力は以下となります。

First field in the second row is: 2

参考

  • pg_query() - クエリを実行する
  • pg_query_params() - SQL コマンドとパラメータを分割してサーバーにを送信し、その結果を待つ
  • pg_execute() - 指定したパラメータを用いてプリペアドステートメントを実行するリクエストを 送信し、その結果を待つ

add a note add a note

User Contributed Notes 1 note

up
1
Stefan W
10 months ago
You do NOT need to call pg_free_result() on every result resource you create.
When result resources go out of scope, they are garbage collected just like everything else.
Unless you're hoarding your results somewhere, you can basically ignore this function.

Here's a little test you can run to confirm this: http://pastebin.com/ghw1PHuE
To Top