PHP Unconference Europe 2015

pg_send_prepare

(PHP 5 >= 5.1.0)

pg_send_prepare 指定したパラメータでプリペアドステートメントを作成するリクエストを 送信し、その結果を待たない

説明

bool pg_send_prepare ( resource $connection , string $stmtname , string $query )

指定したパラメータでプリペアドステートメントを作成するリクエストを 送信し、その結果を待ちません。

これは pg_prepare() の非同期バージョンです。 リクエストが受け付けられた場合に TRUE 、そうでない場合に FALSE を返します。コールが成功した後、実際にプリペアドステートメントが 作成されたかどうかを調べるには pg_get_result() を使用します。関数のパラメータは pg_prepare() と同じように処理されます。pg_prepare() と同様、 7.4 より前の PostgreSQL のバージョンでは正しく動作しません。

パラメータ

connection

PostgreSQL データベース接続リソース。connection が指定されていない場合はデフォルトの接続が使用されます。 デフォルトの接続は、直近の pg_connect() あるいは pg_pconnect() によって作成されたものです。

stmtname

プリペアドステートメントにつける名前。接続内で一意である必要があります。 "" が指定された場合は無名ステートメントが作成され、以前に定義された 無名ステートメントを上書きします。

query

パラメータ化した SQL 文。ひとつの文のみである必要があります (複数の文をセミコロンで区切る形式は使用できません)。パラメータを 使用する際は $1、$2 などの形式で参照されます。

返り値

成功した場合に TRUE 、失敗した場合に FALSE を返します。 クエリの結果を確かめるには pg_get_result() を使用します。

例1 pg_send_prepare() の使用法

<?php
  $dbconn 
pg_connect("dbname=publisher") or die("Could not connect");

  
// 実行するクエリを準備する
  
if (!pg_connection_busy($dbconn)) {
    
pg_send_prepare($dbconn"my_query"'SELECT * FROM shops WHERE name = $1');
    
$res1 pg_get_result($dbconn);
  }

  
// プリペアドクエリを実行する。文字列 "Joe's Widgets" は
  // エスケープの必要がないことに注意
  
if (!pg_connection_busy($dbconn)) {
    
pg_send_execute($dbconn"my_query", array("Joe's Widgets"));
    
$res2 pg_get_result($dbconn);
  }
  
  
// 同一プリペアドクエリを別のパラメータで実行する
  
if (!pg_connection_busy($dbconn)) {
    
pg_send_execute($dbconn"my_query", array("Clothes Clothes Clothes"));
    
$res3 pg_get_result($dbconn);
  }
  
?>

参考

  • pg_connect() - PostgreSQL 接続をオープンする
  • pg_pconnect() - 持続的な PostgreSQL 接続をオープンする
  • pg_execute() - 指定したパラメータを用いてプリペアドステートメントを実行するリクエストを 送信し、その結果を待つ
  • pg_send_execute() - 指定したパラメータでプリペアドステートメントを実行するリクエストを 送信し、その結果を待たない
  • pg_send_query_params() - コマンドとパラメータを分割してサーバーに送信し、その結果を待たない

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top