PHP 5.6.0 released

oci_commit

(PHP 5, PECL OCI8 >= 1.1.0)

oci_commit未解決のトランザクションをコミットする

説明

bool oci_commit ( resource $connection )

Oracle接続connection 上の未解決なトランザクションをコミットします。 コミットすると、現在のトランザクションを終了してすべての変更を確定させます。 また、保持しているロックをすべて解放します。

トランザクションが始まるのは、データを変更する最初の SQL 文が OCI_NO_AUTO_COMMIT フラグつきで oci_execute() によって実行されたときです。 それ以降、他の文によるデータの変更も同じトランザクションの一部となります。 トランザクション内でのデータの変更は、 そのトランザクションがコミットあるいはロールバックされるまでは一時的なものとなります。 データベース上の他のユーザーは、 トランザクションがコミットされるまでその変更内容を見ることができません。

データを追加したり更新したりする際には、 リレーショナルデータの一貫性やパフォーマンスなどを考慮して トランザクションを使うことを推奨します。

パラメータ

connection

oci_connect()oci_pconnect() あるいは oci_new_connect() が返す Oracle 接続 ID。

返り値

成功した場合に TRUE を、失敗した場合に FALSE を返します。

例1 oci_commit() の例

<?php

// 複数のテーブルに挿入し、エラーが発生したときにはロールバックします

$conn oci_connect('hr''welcome''localhost/XE');

$stid oci_parse($conn"INSERT INTO mysalary (id, name) VALUES (1, 'Chris')");

// OCI_NO_AUTO_COMMIT フラグは、INSERT の直後にコミットしないよう Oracle に指示します
// PHP <= 5.3.1 では OCI_DEFAULT フラグを使いましょう。どちらのフラグも同じ意味です
$r oci_execute($stidOCI_NO_AUTO_COMMIT);
if (!
$r) {    
    
$e oci_error($stid);
    
trigger_error(htmlentities($e['message']), E_USER_ERROR);
}

$stid oci_parse($conn'INSERT INTO myschedule (startday) VALUES (12)');
$r oci_execute($stidOCI_NO_AUTO_COMMIT);
if (!
$r) {    
    
$e oci_error($stid);
    
oci_rollback($conn);  // 両方のテーブルへの変更をロールバックします
    
trigger_error(htmlentities($e['message']), E_USER_ERROR);
}

// 両方のテーブルへの変更をコミットします
$r oci_commit($conn);
if (!
r) {
    
$e oci_error($conn);
    
trigger_error(htmlentities($e['message']), E_USER_ERROR);
}

?>

注意

注意:

トランザクションは接続を閉じたとき、 もしくはスクリプトの終了時のいずれの場合でも すぐに自動的にロールバックされます。 トランザクションをコミットするには oci_commit() をコールする必要があります。

OCI_COMMIT_ON_SUCCESS モードを指定するか、 あるいはデフォルトの状態で oci_execute() をコールすると、 それ以前の未コミットのトランザクションをコミットします。

CREATEDROP といった Oracle の DDL は、未コミットのトランザクションを自動的にコミットします。

参考

  • oci_execute() - 文を実行する
  • oci_rollback() - 未解決のデータベーストランザクションをロールバックする

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top