SunshinePHP Developer Conference 2015

oci_fetch_object

(PHP 5, PECL OCI8 >= 1.1.0)

oci_fetch_objectクエリの次の行をオブジェクトとして返す

説明

object oci_fetch_object ( resource $statement )

クエリから、結果セットの次の行を含むオブジェクトを返します。 オブジェクトの各属性が行の各カラムをあらわします。 この関数の典型的な使い方は、ループの中で FALSE を返すまでコールすることです。 FALSE は、もう行がないことを意味します。

OCI8 拡張モジュールによるデータ型マッピングの 詳細については、ドライバが サポートするデータ型 を参照ください。

パラメータ

statement

oci_parse() で作成して oci_execute() で実行した有効な OCI8 ステートメント ID、 あるいは REF CURSOR ステートメント ID。

返り値

オブジェクトを返します。 オブジェクトの属性は文中のフィールドと一致しています。 statement にもう行がない場合は FALSE を返します。

LOB カラムは LOB ディスクリプタを返します。

DATE カラムは、現行のデータフォーマットにフォーマットされた 文字列として返されます。既定のフォーマットは NLS_LANG のような Oracle 環境変数で変更したり、またはあらかじめ ALTER SESSION SET NLS_DATE_FORMAT コマンドを実行して変更します。

Oracle のデフォルトでは、文字の大小を区別しないカラム名はすべて大文字となります。 文字の大小を区別するカラム名は、属性の名前もそれと同じになります。 結果のオブジェクト配列を var_dump() すれば、 属性にアクセスするための大文字小文字の区別を確かめられます。

NULL データ・フィールドの全てに対して、属性の値は NULL になります。

例1 oci_fetch_object() の例

<?php

/*
  実行する前にテーブルを作成します。
    CREATE TABLE mytab (id NUMBER, description VARCHAR2(30));
    INSERT INTO mytab (id, description) values (1, 'Fish and Chips');
    COMMIT;
*/

$conn oci_connect('hr''welcome''localhost/XE');
if (!
$conn) {
    
$e oci_error();
    
trigger_error(htmlentities($e['message'], ENT_QUOTES), E_USER_ERROR);
}

$stid oci_parse($conn'SELECT id, description FROM mytab');
oci_execute($stid);

while ((
$row oci_fetch_object($stid)) != false) {
    
// 標準的な Oracle カラム それぞれに対して大文字の属性名を使います
    
echo $row->ID "<br>\n";
    echo 
$row->DESCRIPTION "<br>\n"
}

// 出力です。
//    1
//    Fish and Chips

oci_free_statement($stid);
oci_close($conn);

?>

例2 文字の大小を区別するカラム名を持つ oci_fetch_object()

<?php

/*
  実行する前に、文字の大小を区別するカラム名を持つテーブルを作成します。
    CREATE TABLE mytab (id NUMBER, "MyDescription" VARCHAR2(30));
    INSERT INTO mytab (id, "MyDescription") values (1, 'Iced Coffee');
    COMMIT;
*/

$conn oci_connect('hr''welcome''localhost/XE');
if (!
$conn) {
    
$e oci_error();
    
trigger_error(htmlentities($e['message'], ENT_QUOTES), E_USER_ERROR);
}

$stid oci_parse($conn'SELECT id, "MyDescription" FROM mytab');
oci_execute($stid);

while ((
$row oci_fetch_object($stid)) != false) {
    
// 標準的な Oracle カラム それぞれに対して大文字の属性名を使います
    
echo $row->ID "<br>\n";
    
// 文字の大小を区別するカラム名と同じケースを使います
    
echo $row->MyDescription "<br>\n";   
}

// 出力です。
//    1
//    Iced Coffee

oci_free_statement($stid);
oci_close($conn);

?>

例3 LOB を持つ oci_fetch_object()

<?php

/*
  実行する前にテーブルを作成します。
    CREATE TABLE mytab (id NUMBER, description CLOB);
    INSERT INTO mytab (id, description) values (1, 'A very long string');
    COMMIT;
*/

$conn oci_connect('hr''welcome''localhost/XE');
if (!
$conn) {
    
$e oci_error();
    
trigger_error(htmlentities($e['message'], ENT_QUOTES), E_USER_ERROR);
}

$stid oci_parse($conn'SELECT id, description FROM mytab');
oci_execute($stid);

while ((
$row oci_fetch_object($stid)) != false) {
    echo 
$row->ID "<br>\n";
    
// 下記では、 DESCRIPTION から最初の 11 バイトを出力します
    
echo $row->DESCRIPTION->read(11) . "<br>\n"
}

// 出力です。
//    1
//    A very long

oci_free_statement($stid);
oci_close($conn);

?>

参考

  • oci_fetch() - クエリの次の行を内部バッファに取得する
  • oci_fetch_all() - クエリからの複数の行を二次元配列に取得する
  • oci_fetch_assoc() - クエリの次の行を連想配列で返す
  • oci_fetch_array() - クエリの次の行を連想配列あるいは数値添字配列で返す
  • oci_fetch_row() - クエリの次の行を配列で返す

add a note add a note

User Contributed Notes 1 note

up
0
juanloman at hilfetech dot com
2 years ago
Please note that you can still reference a column that has a very complex name by using the curly syntax as shown in this example:

<?php

$queryStr
= 'SELECT COUNT(*) FROM FOOBAR'//Complex name!
  // parse and exec...
$queryObj = oci_fetch_object($quertStmt);

echo
'Count: ' . $queryObj->{'COUNT(*)'};  //Curly syntax reference

?>
To Top