oci_pconnect

(PHP 5, PECL OCI8 >= 1.1.0)

oci_pconnect持続的接続を使用してOracle データベースに接続する

説明

resource oci_pconnect ( string $username , string $password [, string $connection_string [, string $character_set [, int $session_mode ]]] )

Oracle サーバーへの持続的接続を生成し、ログオンします。

持続的接続はキャッシュされ、リクエスト間で再利用されることで、 各ページロードのオーバーヘッドを軽減します。 典型的な PHP アプリケーションでは、Apache の子プロセス (もしくは PHP FastCGI/CGI プロセス) ごとに Oracle サーバーに対してオープンされた単一の持続的接続を有します。 より詳細な情報については、持続的データベース接続 のセクションを参照してください。

パラメータ

username

Oracle のユーザー名。

password

username のパスワード。

connection_string

接続先の Oracle インスタンス» Easy Connect 文字列tnsnames.ora ファイルの接続文字列、あるいはローカルの Oracle インスタンス名を指定します。

省略した場合、PHP は環境変数 TWO_TASK (Linux) あるいは LOCAL (Windows) と ORACLE_SID を用いて接続先の Oracle インスタンス を判断します。

Easy Connect 方式を使うには、PHP を Oracle 10g 以降のクライアントライブラリとリンクさせる必要があります。Oracle 10g の Easy Connect 文字列の形式は [//]host_name[:port][/service_name] です。Oracle 11g 以降の場合は、この構文は [//]host_name[:port][/service_name][:server_type][/instance_name] となります。サービス名を調べるには、Oracle のユーティリティ lsnrctl status をデータベースサーバー上で実行します。

tnsnames.ora ファイルは Oracle Net のサーチパス上にあります。 サーチパスに含まれるのは $ORACLE_HOME/network/admin/etc です。もうひとつの方法として、 TNS_ADMIN を指定して $TNS_ADMIN/tnsnames.ora を読み込ませることもできます。 ウェブデーモンにそのファイルの読み込み権限を与えておきましょう。

character_set

Oracle クライアントライブラリが使う文字セットを指定します。 これは、データベースが用いる文字セットと一致させる必要はありません。 一致していない場合は、Oracle が最善を尽くしてデータベースの文字セットとの間の変換を行います。 文字セットによっては、この変換結果がうまく使えないこともあります。 また、変換にはそれなりの時間を要します。

省略した場合は、 Oracle クライアントライブラリは環境変数 NLS_LANG の値をもとに文字セットを判断します。

このパラメータを渡すことで、 接続に要する時間を短縮できます。

session_mode

このパラメータは PHP 5 (PECL OCI8 1.1) 以降で使え、 OCI_DEFAULTOCI_SYSOPER そして OCI_SYSDBA といった値を指定することができます。OCI_SYSOPER あるいは OCI_SYSDBA を指定した場合は、 この関数は外部の証明書を使った特権接続の確立を試みます。 特権接続は、デフォルトでは無効になっています。有効にするには oci8.privileged_connectOn に設定しなければなりません。

PHP 5.3 (PECL OCI8 1.3.4) 以降、 OCI_CRED_EXT モードを使えるようになりました。 これは、Oracle に外部認証あるいは OS 認証を使うよう指示します。 どちらかをデータベースで設定しておかなければなりません。 OCI_CRED_EXT フラグを使えるのは、ユーザー名が "/" でパスワードが空のときだけです。 oci8.privileged_connectOn あるいは Off のどちらでもかまいません。

OCI_CRED_EXT は、 OCI_SYSOPER あるいは OCI_SYSDBA モードと組み合わせて使います。

OCI_CRED_EXT は、セキュリティ上の理由により Windows ではサポートされていません。

返り値

接続 ID、あるいはエラー時に FALSE を返します。

例1 Easy Connect 構文を使った oci_pconnect() の例

<?php

// "localhost" 上の XE サービス (データベース) に接続します
$conn oci_pconnect('hr''welcome''localhost/XE');
if (!
$conn) {
    
$e oci_error();
    
trigger_error(htmlentities($e['message'], ENT_QUOTES), E_USER_ERROR);
}

$stid oci_parse($conn'SELECT * FROM employees');
oci_execute($stid);

echo 
"<table border='1'>\n";
while (
$row oci_fetch_array($stidOCI_ASSOC+OCI_RETURN_NULLS)) {
    echo 
"<tr>\n";
    foreach (
$row as $item) {
        echo 
"    <td>" . ($item !== null htmlentities($itemENT_QUOTES) : "&nbsp;") . "</td>\n";
    }
    echo 
"</tr>\n";
}
echo 
"</table>\n";

?>

パラメータの使いかたについては、oci_connect() の例も参照ください。

注意

注意: PHP 5.1.2 および PECL OCI8 1.1 から、持続的 Oracle 接続の生存時間と最大数を PHP のプロセス単位で調節できるようになりました。 次の設定値を利用します。 oci8.persistent_timeout, oci8.ping_interval, oci8.max_persistent

参考

add a note add a note

User Contributed Notes 2 notes

up
1
php at jaggard dot org dot uk
6 years ago
[Editor's note: OCI8 1.3 should not experience the problem described in this user comment. The first use of such a connection will return an Oracle error which will trigger a cleanup in PHP.  Subsequent persistent connection calls will then succeed.  For high availability you might consider doing consecutive oci_pconnect calls in your script.]

If you connect using oci_pconnect and the connection has logged you off but is still valid, there seems to be no way to re-use that connection. The next time I try oci_pconnect and then perform an oci_execute operation, I get a "ORA-01012: not logged on" warning. This problem remains, even if I close the connection using oci_close. I ended up with the following (rather annoying) code.

<?php
   
function getOracleConnection()
    {
      if (!
function_exists('oci_pconnect'))
        return
false;
     
$toReturn = oci_pconnect('user', 'pass', 'db');
      if (
$testRes = @oci_parse($toReturn, 'SELECT Count(group_type_code) FROM pvo.group_type'))
        if (@
oci_execute($testRes))
          if (@
oci_fetch_array($testRes))
            return
$toReturn;
     
oci_close($toReturn);
      if (!
function_exists('oci_connect'))
        return
false;
     
$toReturn = oci_connect('user', 'pass', 'db');
      if (
$testRes = @oci_parse($toReturn, 'SELECT Count(group_type_code) FROM pvo.group_type'))
        if (@
oci_execute($testRes))
          if (@
oci_fetch_array($testRes))
            return
$toReturn;
     
oci_close($toReturn);
      if (!
function_exists('oci_new_connect'))
        return
false;
     
$toReturn = oci_new_connect('user', 'pass', 'db');
      if (
$testRes = @oci_parse($toReturn, 'SELECT Count(group_type_code) FROM pvo.group_type'))
        if (@
oci_execute($testRes))
          if (@
oci_fetch_array($testRes))
            return
$toReturn;
     
oci_close($toReturn);
      return
false;
    }
?>
up
-1
gotankersley at NOSPAM dot com
2 years ago
Installed on CentOS 6.2, and had lots of trouble getting it to recognize tnsnames.ora.  The fix for me was:

1. Make sure apache is getting the TNS_ADMIN env variable by putting it in the /etc/init.d/httpd file:
TNS_ADMIN=/usr/lib/oracle/11.2/client64/network/admin
export PATH TNS_ADMIN

This can be debugging in PHP by <?php echo system('env'); ?> and by verifying that TNS_ADMIN is there.

2. Make sure to use the name at the beginning of the tnsnames.ora file - not the SID (although ideally they should match.  However, if the name at the beginning is XXXX.world then pconnect will expect this - not the SID)
To Top