PHP 5.4.36 Released

oci_set_client_identifier

(PHP 5.3.2, PECL OCI8 >= 1.4.0)

oci_set_client_identifierクライアント識別子を設定します

説明

bool oci_set_client_identifier ( resource $connection , string $client_identifier )

同一のデータベース・ユーザーとして認証するライトウェイト・アプリケーションのユーザーを識別するために、 様々なデータベースコンポーネントによって使用されるクライアント識別子を設定します。

PHP からデータベースへの次の「ラウンドトリップ」が起きると、 クライアント識別子がデータベースに登録されます。これは一般的にSQLステートメントが実行されるときに起こります。

SELECT SYS_CONTEXT('USERENV','CLIENT_IDENTIFIER') FROM DUAL などとして、クライアント識別子を後に問い合わせることができます。 V$SESSION のようなデータベース管理ビューにも同じ値が含まれています。 それは DBMS_MONITOR.CLIENT_ID_TRACE_ENABLE と一緒に追跡のために使われることができます。 それは監査のために使われることができます。

この関数で設定した値は、同じ持続的接続を使っている複数のページリクエストにまたがって保持される可能性があります。

パラメータ

connection

oci_connect()oci_pconnect() あるいは oci_new_connect() が返す Oracle 接続 ID。

client_identifier

ユーザーが選んだ、長さが最高64バイトの文字列。

返り値

成功した場合に TRUE を、失敗した場合に FALSE を返します。

例1 クライアント識別子をアプリケーションのユーザーに設定する

<?php

// アプリケーションのユーザーログイン名を検索
session_start();
$un my_validate_session($_SESSION['username']);
$c oci_connect('myschema''welcome''localhost/XE');

// そのユーザーが誰であるか Oracle に通知
oci_set_client_identifier($c$un);

// データベースへの次の「ラウンドトリップ」がその識別子を背負うでしょう
$s oci_parse($c'select mydata from mytable');
oci_execute($s);

// ...

?>

注意

警告

データベースとのやりとりに関するメモ

OCI8 関数の中には、データベースとのやりとりを伴わないものもあります。 たとえば、結果のキャッシングが有効になっている場合、 クエリを実行してもデータベースとのやりとりを行わない可能性があります。

参考

add a note add a note

User Contributed Notes 1 note

up
0
sixd at php dot net
3 years ago
There's an article "PHP Web Auditing, Authorization and Monitoring with Oracle Database" at www.oracle.com/technetwork/articles/dsl/php-web-auditing-171451.html which is all about using oci_set_client_identifier()
To Top