PHP 5.4.36 Released

IBM DB2、Cloudscape および Apache Derby

  • 導入
  • インストール/設定
  • 定義済み定数
  • IBM DB2 関数
    • db2_autocommit — データベース接続の AUTOCOMMIT の状態を取得または設定する
    • db2_bind_param — PHP 変数を SQL 文のパラメータにバインドする
    • db2_client_info — DB2 データベースクライアントの情報をプロパティに保持するオブジェクトを返す
    • db2_close — データベース接続を閉じる
    • db2_column_privileges — テーブルのカラムおよび関連する権限情報を含む結果セットを返す
    • db2_columns — テーブルのカラムおよび関連するメタデータを含む結果セットを返す
    • db2_commit — トランザクションをコミットする
    • db2_conn_error — 直近の接続から返された SQLSTATE を含む文字列を返す
    • db2_conn_errormsg — 直近の接続エラーメッセージおよび SQLCODE を返す
    • db2_connect — データベースへの接続を返す
    • db2_cursor_type — ステートメントリソースが使用しているカーソルの型を返す
    • db2_escape_string — 特定の文字をエスケープする
    • db2_exec — SQL 文を直接実行する
    • db2_execute — プリペアドステートメントを実行する
    • db2_fetch_array — 結果セット内の行を表す、カラム位置をインデックスとする配列を返す
    • db2_fetch_assoc — 結果セット内の行を表す、カラム名をインデックスとする配列を返す
    • db2_fetch_both — 結果セット内の行を表す、 カラム位置およびカラム名の両方をインデックスとする配列を返す
    • db2_fetch_object — 結果セット内の行を表す、カラムをプロパティとするオブジェクトを返す
    • db2_fetch_row — 結果セットポインタを次の行あるいは要求された行に設定する
    • db2_field_display_size — カラムを表示するために必要な最大のバイト数を返す
    • db2_field_name — 結果セット内のカラムの名前を返す
    • db2_field_num — 結果セット内の指定したカラムの位置を返す
    • db2_field_precision — 結果セット内の指定したカラムの精度を返す
    • db2_field_scale — 結果セット内の指定したカラムの位取りを返す
    • db2_field_type — 結果セット内の指定したカラムのデータ型を返す
    • db2_field_width — 結果セット内の指定したカラムの現在値の幅を返す
    • db2_foreign_keys — テーブルの外部キーを含む結果セットを返す
    • db2_free_result — 結果セットに関連付けられたリソースを開放する
    • db2_free_stmt — 指定されたステートメントリソースに関連付けられたリソースを開放する
    • db2_get_option — ステートメントリソースあるいは接続リソースからオプションの値を取得する
    • db2_last_insert_id — この接続上で最後に成功した insert クエリが自動生成した ID を返す
    • db2_lob_read — LOB ファイルから、ユーザーが定義したサイズの内容を取得する
    • db2_next_result — ストアドプロシージャから、次の結果セットを要求する
    • db2_num_fields — 結果セットに含まれるフィールドの数を返す
    • db2_num_rows — SQL 文によって変更された行の数を返す
    • db2_pclose — 持続的データベース接続を閉じる
    • db2_pconnect — データベースへの持続的接続を返す
    • db2_prepare — 実行する SQL 文を準備する
    • db2_primary_keys — テーブルの主キーを含む結果セットを返す
    • db2_procedure_columns — ストアドプロシージャのパラメータを含む結果セットを返す
    • db2_procedures — データベース内に登録されているストアドプロシージャの一覧を含む結果セットを返す
    • db2_result — 結果セットの行からひとつのカラムを返す
    • db2_rollback — トランザクションをロールバックする
    • db2_server_info — DB2 データベースサーバーの情報をプロパティに保持するオブジェクトを返す
    • db2_set_option — 接続リソースあるいはステートメントリソースのオプションを設定する
    • db2_special_columns — テーブルのユニーク行 ID カラムを含む結果セットを返す
    • db2_statistics — インデックスの情報およびテーブルの統計情報を含む結果セットを返す
    • db2_stmt_error — SQL 文が返す SQLSTATE を含む文字列を返す
    • db2_stmt_errormsg — 直近の SQL 文のエラーメッセージを含む文字列を返す
    • db2_table_privileges — データベース内のテーブルおよび関連する権限情報を含む結果セットを返す
    • db2_tables — データベース内のテーブルおよび関連するメタデータを含む結果セットを返す
add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top