db2_special_columns

(PECL ibm_db2 >= 1.0.0)

db2_special_columns テーブルのユニーク行 ID カラムを含む結果セットを返す

説明

resource db2_special_columns ( resource $connection , string $qualifier , string $schema , string $table_name , int $scope )

テーブルのユニーク行 ID カラムを含む結果セットを返します。

パラメータ

connection

IBM DB2、Cloudscape あるいは Apache Derby データベースへの有効な接続。

qualifier

OS/390 あるいは z/OS サーバー上で稼動している DB2 データベースの修飾子。 その他のデータベースの場合には NULL あるいは空の文字列を渡します。

schema

テーブルを含むスキーマ。

table_name

テーブルの名前。

scope

ユニーク行 ID の有効期間の最小値を表す整数値。 以下の値のいずれかとなります。

整数値 SQL 定数 説明
0 SQL_SCOPE_CURROW 行 ID は、カーソルがその行にある場合にのみ有効です。
1 SQL_SCOPE_TRANSACTION 行 ID は、そのトランザクションの間のみ有効です。
2 SQL_SCOPE_SESSION 行 ID は、その接続の間のみ有効です。

返り値

テーブルのユニーク行 ID 情報を含む結果セットの ステートメントリソースを返します。 行の内容は、以下のカラムで構成されています。

カラム名 説明
SCOPE

整数値 SQL 定数 説明
0 SQL_SCOPE_CURROW 行 ID は、カーソルがその行にある場合にのみ有効です。
1 SQL_SCOPE_TRANSACTION 行 ID は、そのトランザクションの間のみ有効です。
2 SQL_SCOPE_SESSION 行 ID は、その接続の間のみ有効です。

COLUMN_NAME ユニークカラムの名前。
DATA_TYPE カラムの SQL データ型。
TYPE_NAME カラムの SQL データ型を文字列で表したもの。
COLUMN_SIZE カラムのサイズを表す整数値。
BUFFER_LENGTH このカラムのデータを保存するために必要な最大のバイト数。
DECIMAL_DIGITS カラムの位取り。位取りが適用できない場合は NULL
NUM_PREC_RADIX 10 (正確な数値データ型を表す)、 2 (概数データ型を表す)、 あるいは NULL (基数が適用できないデータ型を表す) のいずれか。
PSEUDO_COLUMN 常に 1 を返します。

参考

  • db2_column_privileges() - テーブルのカラムおよび関連する権限情報を含む結果セットを返す
  • db2_columns() - テーブルのカラムおよび関連するメタデータを含む結果セットを返す
  • db2_foreign_keys() - テーブルの外部キーを含む結果セットを返す
  • db2_primary_keys() - テーブルの主キーを含む結果セットを返す
  • db2_procedure_columns() - ストアドプロシージャのパラメータを含む結果セットを返す
  • db2_procedures() - データベース内に登録されているストアドプロシージャの一覧を含む結果セットを返す
  • db2_statistics() - インデックスの情報およびテーブルの統計情報を含む結果セットを返す
  • db2_table_privileges() - データベース内のテーブルおよび関連する権限情報を含む結果セットを返す
  • db2_tables() - データベース内のテーブルおよび関連するメタデータを含む結果セットを返す

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top