db2_foreign_keys

(PECL ibm_db2 >= 1.0.0)

db2_foreign_keys テーブルの外部キーを含む結果セットを返す

説明

resource db2_foreign_keys ( resource $connection , string $qualifier , string $schema , string $table-name )

テーブルの外部キーを含む結果セットを返します。

パラメータ

connection

IBM DB2、Cloudscape あるいは Apache Derby データベースへの有効な接続。

qualifier

OS/390 あるいは z/OS サーバー上で稼動している DB2 データベースの修飾子。 その他のデータベースの場合には NULL あるいは空の文字列を渡します。

schema

テーブルを含むスキーマ。schemaNULL の場合は、db2_foreign_keys() 現在の接続のスキーマに一致します。

table-name

テーブルの名前。

返り値

指定したテーブルの外部キーを含む結果セットのステートメントリソースを返します。 結果セットは、以下のカラムで構成されています。

カラム名 説明
PKTABLE_CAT 主キーを含むテーブルのカタログの名前。 テーブルがカタログを保持していない場合は NULL。
PKTABLE_SCHEM 主キーを含むテーブルのスキーマの名前。
PKTABLE_NAME 主キーを含むテーブルの名前。
PKCOLUMN_NAME 主キーを含むカラムの名前。
FKTABLE_CAT 外部キーを含むテーブルのカタログの名前。 テーブルがカタログを保持していない場合は NULL。
FKTABLE_SCHEM 外部キーを含むテーブルのスキーマの名前。
FKTABLE_NAME 外部キーを含むテーブルの名前。
FKCOLUMN_NAME 外部キーを含むカラムの名前。
KEY_SEQ 1 から始まる数字で表した、キー内のカラムの位置。
UPDATE_RULE SQL で UPDATE 操作を行った際に外部キーに適用される動作を表す整数値。
DELETE_RULE SQL で DELETE 操作を行った際に外部キーに適用される動作を表す整数値。
FK_NAME 外部キーの名前。
PK_NAME 主キーの名前。
DEFERRABILITY 外部キーの遅延度を表す整数値。 SQL_INITIALLY_DEFERRED、SQL_INITIALLY_IMMEDIATE あるいは SQL_NOT_DEFERRABLE のいずれか。

参考

  • db2_column_privileges() - テーブルのカラムおよび関連する権限情報を含む結果セットを返す
  • db2_columns() - テーブルのカラムおよび関連するメタデータを含む結果セットを返す
  • db2_primary_keys() - テーブルの主キーを含む結果セットを返す
  • db2_procedure_columns() - ストアドプロシージャのパラメータを含む結果セットを返す
  • db2_procedures() - データベース内に登録されているストアドプロシージャの一覧を含む結果セットを返す
  • db2_special_columns() - テーブルのユニーク行 ID カラムを含む結果セットを返す
  • db2_statistics() - インデックスの情報およびテーブルの統計情報を含む結果セットを返す
  • db2_table_privileges() - データベース内のテーブルおよび関連する権限情報を含む結果セットを返す
  • db2_tables() - データベース内のテーブルおよび関連するメタデータを含む結果セットを返す

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top