ScotlandPHP

db2_bind_param

(PECL ibm_db2 >= 1.0.0)

db2_bind_param PHP 変数を SQL 文のパラメータにバインドする

説明

bool db2_bind_param ( resource $stmt , int $parameter-number , string $variable-name [, int $parameter-type [, int $data-type = 0 [, int $precision = -1 [, int $scale = 0 ]]]] )

db2_prepare() が返したステートメントリソース内の SQL 文のパラメータに PHP 変数をバインドします。 db2_execute() へのオプション配列の一部として 変数を渡すのに比べ、この関数を使用すると パラメータの型、データの型、精度、位取りなどの詳細を制御できるようになります。

パラメータ

stmt

db2_prepare() が返すプリペアドステートメント。

parameter-number

プリペアドステートメントのパラメータの位置。 1 から始まります。

variable-name

parameter-number で指定したパラメータに バインドする PHP 変数の名前を表す文字列。

parameter-type

PHP 変数を SQL パラメータにバインドする際に 入力パラメータとするのか (DB2_PARAM_IN) 出力パラメータとするのか (DB2_PARAM_OUT) あるいは入出力両方を許可するのか (DB2_PARAM_INOUT) を指定する定数。 メモリのオーバーヘッドを避けるため、DB2_PARAM_FILE を指定して PHP 変数をファイルにバインドし、 ファイルからラージオブジェクト (BLOB、CLOB あるいは DBCLOB) データを読み込むようにするすることも可能です。

data-type

PHP 変数をどの SQL データ型にバインドするのかを指定する定数。 DB2_BINARYDB2_CHARDB2_DOUBLE あるいは DB2_LONG のうちのいずれか。

precision

変数をデータベースにバインドする際の精度を指定します。 このパラメータは、ストアドプロシージャから XML 出力の値を取得する際にも使用します。 非負の値を指定すると、それがデータベースから取得する XML データの最大サイズとなります。 このパラメータを使用しない場合は、 ストアドプロシージャから XML 出力を取得する際の最大サイズを デフォルトの 1MB とみなします。

scale

変数をデータベースにバインドする際の位取りを指定します。

返り値

成功した場合に TRUE を、失敗した場合に FALSE を返します。

例1 PHP 変数をプリペアドステートメントにバインドする

以下の例の SQL 文では、WHERE 句の中で 2 つの入力パラメータを使用しています。 この 2 つのパラメータに PHP 変数をバインドするために db2_bind_param() をコールします。 db2_bind_param() をコールする前に PHP 変数を宣言したり代入したりする必要がないことに注意しましょう。 この例では、$lower_limit については db2_bind_param() がコールされる前に 値が代入されていますが、$upper_limit については db2_bind_param() をコールした後で代入されています。 db2_execute() をコールする前には、 必ず変数をバインドしなければなりません。また、入力パラメータについては 何らかの値を代入しておく必要があります。

<?php

$sql 
'SELECT name, breed, weight FROM animals
    WHERE weight > ? AND weight < ?'
;
$conn db2_connect($database$user$password);
$stmt db2_prepare($conn$sql);

// db2_bind_param() のコール前に変数を宣言できます
$lower_limit 1;

db2_bind_param($stmt1"lower_limit"DB2_PARAM_IN);
db2_bind_param($stmt2"upper_limit"DB2_PARAM_IN);

// また、db2_bind_param() をコールした後で変数を宣言することも可能です
$upper_limit 15.0;

if (
db2_execute($stmt)) {
    while (
$row db2_fetch_array($stmt)) {
        print 
"{$row[0]}{$row[1]}{$row[2]}\n";
    }
}
?>

上の例の出力は以下となります。

Pook, cat, 3.2
Rickety Ride, goat, 9.7
Peaches, dog, 12.3

例2 IN および OUT パラメータを使用したストアドプロシージャのコール

以下の例のストアドプロシージャ match_animal は、 3 つのさまざまなパラメータを受け取ります。

  1. 最初の動物の名前を入力として受け取る 入力 (IN) パラメータ。

  2. 2 番目の動物の名前を入力として受け取り、その名前に一致する動物が データベースに存在する場合に文字列 TRUE を返す、入出力 (INOUT) パラメータ。

  3. 指定した 2 匹の動物の合計体重を返す、出力 (OUT) パラメータ。

さらにこのストアドプロシージャは結果セットを返します。その内容は、 最初のパラメータで指定した動物から 2 番目のパラメータで指定した動物までの 動物の一覧をアルファベット順に並べたものとなります。

<?php

$sql 
'CALL match_animal(?, ?, ?)';
$conn db2_connect($database$user$password);
$stmt db2_prepare($conn$sql);

$name "Peaches";
$second_name "Rickety Ride";
$weight 0;

db2_bind_param($stmt1"name"DB2_PARAM_IN);
db2_bind_param($stmt2"second_name"DB2_PARAM_INOUT);
db2_bind_param($stmt3"weight"DB2_PARAM_OUT);

print 
"コール前のバインド変数の値:\n";
print 
"  1: {$name} 2: {$second_name} 3: {$weight}\n\n";

if (
db2_execute($stmt)) {
    print 
"コール後のバインド変数の値:\n";
    print 
"  1: {$name} 2: {$second_name} 3: {$weight}\n\n";

    print 
"結果:\n";
    while (
$row db2_fetch_array($stmt)) {
        print 
"  {$row[0]}{$row[1]}{$row[2]}\n";
    }
}
?>

上の例の出力は以下となります。

コール前のバインド変数の値:
  1: Peaches 2: Rickety Ride 3: 0

コール後のバインド変数の値:
  1: Peaches 2: TRUE 3: 22

結果:
  Peaches, dog, 12.3
  Pook, cat, 3.2
  Rickety Ride, goat, 9.7

例3 バイナリラージオブジェクト (BLOB) をファイルから直接挿入する

ラージオブジェクトのデータは、通常は XML ドキュメントあるいは 音声ファイルのようなファイルに保存されています。 いったんファイルの内容を PHP 変数に読み込んだうえで SQL 文にバインドする代わりに、ファイルを直接 sql 文の入力パラメータに バインドすることでメモリのオーバーヘッドを避けることができます。 以下の例で、BLOB カラムにファイルを直接バインドする方法を説明します。

<?php
$stmt 
db2_prepare($conn"INSERT INTO animal_pictures(picture) VALUES (?)");

$picture "/opt/albums/spook/grooming.jpg";
$rc db2_bind_param($stmt1"picture"DB2_PARAM_FILE);
$rc db2_execute($stmt);
?>

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top