db2_result

(PECL ibm_db2 >= 1.0.0)

db2_result 結果セットの行からひとつのカラムを返す

説明

mixed db2_result ( resource $stmt , mixed $column )

db2_result() を使用して、 結果セットの現在の行から指定したカラムの値を取得します。 結果セットポインタの位置を指定するため、db2_result() のコール前には db2_fetch_row() をコールする必要があります。

パラメータ

stmt

有効な stmt リソース。

column

結果セット内のカラムの位置を表す 0 から始まるインデックス、 あるいはカラム名を表す文字列。

返り値

指定したフィールドが結果セットに存在する場合にそのフィールドの値を返します。 フィールドが存在しない場合には NULL を返し、警告を発生させます。

例1 db2_result() の例

以下の例では、db2_fetch_row() で結果セットを 順に処理し、db2_result() で結果セットから カラムを取得する方法を説明します。

<?php
$sql 
'SELECT name, breed FROM animals WHERE weight < ?';
$stmt db2_prepare($conn$sql);
db2_execute($stmt, array(10));
while (
db2_fetch_row($stmt)) {
    
$name db2_result($stmt0);
    
$breed db2_result($stmt'BREED');
    print 
"$name $breed";
}
?>

上の例の出力は以下となります。

cat Pook
gold fish Bubbles
budgerigar Gizmo
goat Rickety Ride

参考

  • db2_fetch_array() - 結果セット内の行を表す、カラム位置をインデックスとする配列を返す
  • db2_fetch_assoc() - 結果セット内の行を表す、カラム名をインデックスとする配列を返す
  • db2_fetch_both() - 結果セット内の行を表す、 カラム位置およびカラム名の両方をインデックスとする配列を返す
  • db2_fetch_object() - 結果セット内の行を表す、カラムをプロパティとするオブジェクトを返す
  • db2_fetch_row() - 結果セットポインタを次の行あるいは要求された行に設定する

add a note add a note

User Contributed Notes 1 note

up
2
jay+nospam at toxicedge dot com
3 years ago
It's worth noting that this function consumes the value (the first call will return a result, and any subsequent calls will return NULL).
To Top