ScotlandPHP

db2_exec

(PECL ibm_db2 >= 1.0.0)

db2_exec SQL 文を直接実行する

説明

resource db2_exec ( resource $connection , string $statement [, array $options ] )

SQL 文を直接実行します。

PHP 変数の内容を SQL 文に組み込みたい場合は、この関数を使用すると 典型的なセキュリティ上の問題を引き起こしかねないことを知っておきましょう。 db2_prepare() をコールして入力パラメータつきの SQL 文を準備することを検討してください。その後で db2_execute() をコールして入力値を渡すことで、 SQL インジェクション攻撃を避けることができます。

同じ SQL 文にさまざまなパラメータを指定して何度も発行する場合は、 db2_prepare() および db2_execute() の使用を検討してください。 これにより、データベースサーバーが実行計画を再利用することができて データベースアクセスの効率が向上します。

パラメータ

connection

db2_connect() あるいは db2_pconnect() が返した有効なデータベース接続リソース。

statement

SQL 文。パラメータマーカを含めることはできません。

options

文のオプションを含む連想配列。 データベースサーバーがその機能をサポートしている場合に、 このパラメータを使用してスクロール可能なカーソルの使用を 要求することができます。

オプションについての説明は db2_set_option() を参照ください。

返り値

SQL 文の実行に成功した場合にステートメントリソース、 SQL 文の実行に失敗した場合に FALSE を返します。

例1 db2_exec() でのテーブルの作成

以下の例では、db2_exec() を使用して テーブルを作成する DDL 文を発行します。

<?php
$conn 
db2_connect($database$user$password);

// テストテーブルを作成します
$create 'CREATE TABLE animals (id INTEGER, breed VARCHAR(32),
    name CHAR(16), weight DECIMAL(7,2))'
;
$result db2_exec($conn$create);
if (
$result) {
    print 
"テーブルの作成に成功しました。\n";
}

// テストテーブルに値を投入します
$animals = array(
    array(
0'cat''Pook'3.2),
    array(
1'dog''Peaches'12.3),
    array(
2'horse''Smarty'350.0),
    array(
3'gold fish''Bubbles'0.1),
    array(
4'budgerigar''Gizmo'0.2),
    array(
5'goat''Rickety Ride'9.7),
    array(
6'llama''Sweater'150)
);

foreach (
$animals as $animal) {
    
$rc db2_exec($conn"INSERT INTO animals (id, breed, name, weight)
      VALUES (
{$animal[0]}, '{$animal[1]}', '{$animal[2]}', {$animal[3]})");
    if (
$rc) {
        print 
"Insert... ";
    }
}
?>

上の例の出力は以下となります。

テーブルの作成に成功しました。
Insert... Insert... Insert... Insert... Insert... Insert... Insert... 

例2 スクロール可能なカーソルでの SELECT 文の実行

以下の例では、db2_exec() で発行された SQL 文にスクロール可能なカーソルを要求する方法を説明します。

<?php
$conn 
db2_connect($database$user$password);
$sql "SELECT name FROM animals
    WHERE weight < 10.0
    ORDER BY name"
;
if (
$conn) {
    require_once(
'prepare.inc');
    
$stmt db2_exec($conn$sql, array('cursor' => DB2_SCROLLABLE));
    while (
$row db2_fetch_array($stmt)) {
        print 
"$row[0]\n";
    }

?>

上の例の出力は以下となります。

Bubbles
Gizmo
Pook
Rickety Ride

例3 XML データを SQL の結果セットとして返す

次の例は、XML カラムに格納されたデータの扱い方を、SAMPLE データベースを用いて説明するものです。ごく単純な SQL/XML を使用して、この例では XML ドキュメントのいくつかのノードを みなさんおなじみの SQL 結果セット形式で返します。

<?php

$conn 
db2_connect("SAMPLE""db2inst1""ibmdb2");

$query 'SELECT * FROM XMLTABLE(
    XMLNAMESPACES (DEFAULT \'http://posample.org\'),
    \'db2-fn:xmlcolumn("CUSTOMER.INFO")/customerinfo\'
    COLUMNS
    "CID" VARCHAR (50) PATH \'@Cid\',
    "NAME" VARCHAR (50) PATH \'name\',
    "PHONE" VARCHAR (50) PATH \'phone [ @type = "work"]\'
    ) AS T
    WHERE NAME = \'Kathy Smith\'
    '
;
$stmt db2_exec($conn$query);

while(
$row db2_fetch_object($stmt)){
    
printf("$row->CID     $row->NAME     $row->PHONE\n");
}
db2_close($conn);

?>

上の例の出力は以下となります。

1000     Kathy Smith     416-555-1358
1001     Kathy Smith     905-555-7258

例4 XML データの "JOIN"

次の例は、SAMPLE データベースの 2 つの異なる XML カラムに格納されたドキュメントを使用します。 まず、2 つの異なるカラムの XML ドキュメントをもとにして 2 つのテンポラリテーブルを作成します。 そして特定の顧客の配送情報を SQL 結果セットで返します。

<?php

$conn 
db2_connect("SAMPLE""db2inst1""ibmdb2");

$query '
    SELECT A.CID, A.NAME, A.PHONE, C.PONUM, C.STATUS
    FROM
    XMLTABLE(
    XMLNAMESPACES (DEFAULT \'http://posample.org\'),
    \'db2-fn:xmlcolumn("CUSTOMER.INFO")/customerinfo\'
    COLUMNS
    "CID" BIGINT PATH \'@Cid\',
    "NAME" VARCHAR (50) PATH \'name\',
    "PHONE" VARCHAR (50) PATH \'phone [ @type = "work"]\'
    ) as A,
    PURCHASEORDER AS B,
    XMLTABLE (
    XMLNAMESPACES (DEFAULT \'http://posample.org\'),
    \'db2-fn:xmlcolumn("PURCHASEORDER.PORDER")/PurchaseOrder\'
    COLUMNS
    "PONUM"  BIGINT PATH \'@PoNum\',
    "STATUS" VARCHAR (50) PATH \'@Status\'
    ) as C
    WHERE A.CID = B.CUSTID AND
    B.POID = C.PONUM AND
    A.NAME = \'Kathy Smith\'
'
;
    
$stmt db2_exec($conn$query);
    
while(
$row db2_fetch_object($stmt)){
    
printf("$row->CID     $row->NAME     $row->PHONE     $row->PONUM     $row->STATUS\n");
}
    
db2_close($conn);

?>

上の例の出力は以下となります。

1001     Kathy Smith     905-555-7258     5002     Shipped

例5 大きな XML ドキュメントの一部を SQL データとして返す

次の例は、SAMPLE データベースのドキュメント PRODUCT.DESCRIPTION の一部を使用します。これは、商品の説明 (XML データ) および価格情報 (SQL データ) を含む XML ドキュメントを返します。

<?php

$conn 
db2_connect("SAMPLE""db2inst1""ibmdb2");

$query '
SELECT
XMLSERIALIZE(
XMLQUERY(\'
    declare boundary-space strip;
    declare default element namespace "http://posample.org";
    <promoList> {
    for $prod in $doc/product
    where $prod/description/price < 10.00
    order by $prod/description/price ascending
    return(
        <promoitem> {
        $prod,
        <startdate> {$start} </startdate>,
        <enddate> {$end} </enddate>,
        <promoprice> {$promo} </promoprice>
        } </promoitem>
    )
    } </promoList>
\' passing by ref DESCRIPTION AS "doc",
PROMOSTART as "start",
PROMOEND as "end",
PROMOPRICE as "promo"
RETURNING SEQUENCE)
AS CLOB (32000))
AS NEW_PRODUCT_INFO
FROM PRODUCT
WHERE PID = \'100-100-01\'
'
;

$stmt db2_exec($conn$query);

while(
$row db2_fetch_array($stmt)){
    
printf("$row[0]\n");
}
db2_close($conn);

?>

上の例の出力は以下となります。

<promoList xmlns="http://posample.org">
    <promoitem>
    <product pid="100-100-01">
        <description>
            <name>Snow Shovel, Basic 22 inch</name>
            <details>Basic Snow Shovel, 22 inches wide, straight handle with D-Grip</details>
            <price>9.99</price>
            <weight>1 kg</weight>
        </description>
    </product>
    <startdate>2004-11-19</startdate>
    <enddate>2004-12-19</enddate>
    <promoprice>7.25</promoprice>
    </promoitem>
</promoList>

参考

add a note add a note

User Contributed Notes 2 notes

up
1
shawn at frozen-o dot com
11 years ago
If you need to "emulate" offset/limit (as PEAR::DB puts it) for db2 queries, you will definitely need to add array('cursor' => DB2_SCROLLABLE) to your db2_exec() call. Otherwise, you will get nothing useful from db2_fetch_{whatever}() when you try to (see following hack for example):

<?php
$limit
= 10;
$offset = 20;

for (
$i = 0; $i < $limit && $row = db2_fetch_array($result, $offset + $i); $i++) {
   
// stuff goes here
}
?>

You can accomplish the same time of thing using sub-selects, "with" statements and other things new to me in the world of DB2, but the more dynamically generated the queries, the more difficult it gets to implement limit/offset behavior on the fly.
up
-3
duc
11 years ago
if you have the error message : PHP Warning:  db2_exec() [<a href='function.db2-exec'>function.db2-exec</a>]: Statement Execute Failed in (....)
and cannot display the error message using db2_stmt_errormsg() , then check if your database connection handle is (still) valid
To Top