PHP 5.4.31 Released

Imagick::adaptiveResizeImage

(PECL imagick 2.0.0)

Imagick::adaptiveResizeImageデータに依存する三角測量にもとづいて画像のサイズを変更する

説明

bool Imagick::adaptiveResizeImage ( int $columns , int $rows [, bool $bestfit = false ] )

データに依存する三角測量にもとづいて画像のサイズを変更します。 色が突然変わる箇所でのにじみを避けます。 たとえば、画像をほんの少しだけ縮小して "ウェブサイズ" にする場合などに便利です。フルサイズの画像のサムネイルを作成する場合などは、 あまりうまくいかないかもしれません。 このメソッドは、ImageMagick バージョン 6.2.9 以降で Imagick をコンパイルした場合に使用可能です。

注意: パラメータ bestfit の挙動は Imagick 3.0.0 で変わりました。 これより前のバージョンでは、200x150 の画像に対して 400x400 を指定した場合は何もせずそのままになっていました。 Imagick 3.0.0 以降では、この画像は 400x300 に拡大されます。これが、 指定したサイズに対して「ベストフィット」する大きさだからです。 bestfit を使う場合は、幅と高さの両方を指定しなければなりません。

パラメータ

columns

変更後の画像のカラム数。

rows

変更後の画像の行数。

bestfit

画像の大きさをバウンディングボックスにあわせるかどうか。

返り値

成功した場合に TRUE を返します。

エラー / 例外

エラー時に ImagickException をスローします。

変更履歴

バージョン 説明
2.1.0 オプションの fit パラメータが追加されました。
2.1.0 このメソッドは、比例形式の拡大・縮小をサポートするようになりました。 どちらかのパラメータにゼロを渡すと比例形式の拡大・縮小を行います。

例1 Imagick::adaptiveResizeImage() の使用法

画像のサイズをウェブの標準サイズに変更します。 このメソッドは、元のサイズより少しだけ小さくする場合に最適です。 size.

<?php
header
('Content-type: image/jpeg');

$image = new Imagick('image.jpg');
$image->adaptiveResizeImage(1024,768);

echo 
$image;
?>

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top