Imagick::paintOpaqueImage

(PECL imagick 2.0.0)

Imagick::paintOpaqueImage色にマッチするピクセルを変更する

説明

bool Imagick::paintOpaqueImage ( mixed $target , mixed $fill , float $fuzz [, int $channel = Imagick::CHANNEL_ALL ] )

色にマッチするピクセルを、塗りつぶし色に変更します。

パラメータ

target

この対象色を変更すると、画像の塗りつぶし色が変わります。 ImagickPixel オブジェクトあるいは文字列で対象色を指定します。

fill

塗りつぶし色を表す ImagickPixel オブジェクトあるいは文字列。

fuzz

画像の fuzz 値。 どの程度の色を「同じ色」とみなすかを表します。

channel

チャネルモードに対応したチャネル定数を指定します。 複数のチャネルに適用するには、 ビット演算子でチャネル型定数を組み合わせます。 チャネル定数 の一覧を参照ください。

返り値

成功した場合に TRUE を返します。

エラー / 例外

エラー時に ImagickException をスローします。

変更履歴

バージョン 説明
2.1.0 色を表す文字列を最初と 2 番目のパラメータとして指定できるようになりました。 これまでのバージョンでは ImagickPixel オブジェクトしか指定できませんでした。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top