PHP 5.4.36 Released

Imagick::functionImage

(バージョン情報なし。おそらく SVN 版にしか存在しないでしょう)

Imagick::functionImage画像に関数を適用する

説明

public bool Imagick::functionImage ( int $function , array $arguments [, int $channel = Imagick::CHANNEL_DEFAULT ] )

代数演算、関係演算、論理演算などを疑似画像に適用します。

» ImageMagick v6 Examples - Image Transformations — Function, Multi-Argument Evaluate も参照ください。

このメソッドは、ImageMagick バージョン 6.4.9 以降で Imagick をコンパイルした場合に使用可能です。

パラメータ

function

関数定数 の一覧を参照ください。

arguments

この関数に渡す引数の配列。

返り値

成功した場合に TRUE を返します。

エラー / 例外

エラー時に ImagickException をスローします。

例1 シヌソイドの勾配の作成

<?php
$imagick 
= new Imagick();
$imagick->newPseudoImage(200200'gradient:black-white');
$arguments = array(3, -90);
$imagick->functionImage(Imagick::FUNCTION_SINUSOID$arguments);

header("Content-Type: image/png");
$imagick->setImageFormat("png");
echo 
$imagick->getImageBlob();
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

シヌソイドの勾配の出力

例2 多項式 (4x^2 - 4x + 1) からの勾配の作成

<?php
$imagick 
= new Imagick();
$imagick->newPseudoImage(200200'gradient:black-white');
$arguments = array(4, -41);
$imagick->functionImage(Imagick::FUNCTION_POLYNOMIAL$arguments);

header("Content-Type: image/png");
$imagick->setimageformat("png");
echo 
$imagick->getImageBlob();
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

多項式の勾配の出力

例3 多項式 (4x^2 - 4x^2 + 1) をシヌソイドの勾配で変調した、複雑な勾配の作成

<?php
$imagick1 
= new Imagick();
$imagick1->newPseudoImage(200200'gradient:black-white');
$arguments = array(9, -90);
$imagick1->functionImage(Imagick::FUNCTION_SINUSOID$arguments);

$imagick2 = new Imagick();
$imagick2->newPseudoImage(200200'gradient:black-white');
$arguments = array(0.50);
$imagick2->functionImage(Imagick::FUNCTION_SINUSOID$arguments);
$imagick1->compositeimage($imagick2Imagick::COMPOSITE_MULTIPLY00);

header("Content-Type: image/png");
$imagick1->setImageFormat("png");
echo 
$imagick1->getImageBlob();
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

複雑な勾配の出力

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top