Imagick::setPointSize

(PECL imagick 2.1.0)

Imagick::setPointSizeポイントサイズを設定する

説明

bool Imagick::setPointSize ( float $point_size )

オブジェクトのポイントサイズプロパティを設定します。このメソッドは、 caption: pseudo-format のフォントサイズを設定するときなどに使います。 このメソッドは、ImageMagick バージョン 6.3.7 以降で Imagick をコンパイルした場合に使用可能です。

パラメータ

point_size

ポイントサイズ。

返り値

成功した場合に TRUE を返します。

参考

例1 Imagick::setPointSize() の例

Imagick::setPointSize の使用例です。

<?php
/* 新しい imagick オブジェクトを作ります */
$im = new Imagick();

/* オブジェクトのフォントを設定します */
$im->setFont("example.ttf");

/* ポイントサイズを設定します */
$im->setPointSize(12);

/* 新しいキャプションを作ります */
$im->newPseudoImage(100100"caption:Hello");

/* 画像に対して何かの処理をします */
?>

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top