ScotlandPHP

Imagick::tintImage

(PECL imagick 2.0.0)

Imagick::tintImage色ベクトルを画像の各ピクセルに適用する

説明

bool Imagick::tintImage ( mixed $tint , mixed $opacity )

色ベクトルを画像の各ピクセルに適用します。 ベクトルの長さは、黒および白のときに 0、中間色のときに最大となります。 ベクトルの重み関数は f(x)=(1-(4.0*((x-0.5)*(x-0.5)))) です。

パラメータ

tint

opacity

返り値

成功した場合に TRUE を返します。

エラー / 例外

エラー時に ImagickException をスローします。

変更履歴

バージョン 説明
2.1.0 色を表す文字列を最初のパラメータとして、 不透明度を表す浮動小数点数値を 2 番目のパラメータとして指定できるようになりました。 これまでのバージョンでは ImagickPixel オブジェクトしか指定できませんでした。

例1 Imagick::tintImage()

<?php
function tintImage($r$g$b$a) {
    
$a $a 100;

    
$imagick = new \Imagick();
    
$imagick->newPseudoImage(400400'gradient:black-white');

    
$tint = new \ImagickPixel("rgb($r$g$b)");
    
$opacity = new \ImagickPixel("rgb(128, 128, 128, $a)");
    
$imagick->tintImage($tint$opacity);
    
$imagick->setImageFormat('png');
    
header("Content-Type: image/png");
    echo 
$imagick->getImageBlob();
}

?>

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top